CG・コンテンツ制作
  1. CG・コンテンツ制作トップ
  2. イベント・セミナー
  3. セミナーレポート
  4. セミナーレポート ダイキンCGセミナーVol.13(株式会社BACKBONEWORKS様ご講演)


セミナーレポート

ダイキンCGセミナーVol.13

いまさら聞けないPBRの質感設定

開催日

2021年1月29日~2月12日

講師

株式会社BACKBONEWORKS
代表 飯島貴志氏

セミナー概要

PBR時代になり変化した質感設定に関して、パラメータ名を中心に解説していただきました。PBRでは、これまで使用されてきたDiffuseやSpecular等のパラメータは使用されなくなり、MetalnessやRoughnessといった、実際の物理特性に基づいたパラメータが使用されます。これらのPBR特有のパラメータの解説、およびPBRマテリアル設定のワークフロー例やテクニックも紹介していただきました。

いまさら聞けないPBRの質感設定画面01
いまさら聞けないPBRの質感設定画面02

講演者メッセージ

株式会社BACKBONEWORKS 代表 飯島貴志

前回の「いまさら聞けないPBRの光と影」に引き続き、後半にあたる質感設定を取り上げました。見え方を考えるとき、光と質感は切り離せないものなので、同様のコンセプトでまとめてみました。

これまでのガンマカラースペースと、PBRカラースペースでは、アプローチや仕組みが全然違うのにも関わらず、同じ名称のパラメータや効果が継承されているので、どう利用すればいいか、何が変わったのか迷うことも多いと思います。光は照らされるものがどう反応するかで、その強さや性質がわかります。同じ光で照らされている物体が、それぞれ違った反応をしてしまうと、空間の整合性が取れなくなってしまいます。質感設定は、どのような光がそこにあるかの説明を忘れないようにして、個別の特徴を表現する必要があります。

これまでもそうだったのですが、PBRになってより光の正確さが上がった分、質感設定の正しさが求められるようになりました。改めてそれぞれの質感に関するパラメータの意味と、性質を確認した上で、PBRカラースペースでの有用性と活用の仕方を見直す切っ掛けになれたらと願っております。

株式会社BACKBONEWORKS
代表 飯島貴志

セミナー満足度

セミナー満足度

参加者コメント(一部抜粋)

  • 30分くらいの中で非常にわかりやすくまとめられていてとても有益なセミナーでした。
  • PBRのパラメータとその効果が分かり易く簡潔に説明されているので、とても勉強になりました。
  • 基本的な内容でしたが、わかりやすくまとめられていると感じました。新人時代に拝見したかったです。
  • 新人へのPBR説明に役立ちました。
  • これまで曖昧だったPBRの基礎知識を非常に理解しやすく解説頂いていると思います。作業時の指針になるPBRの考え方として押さえておくべき内容でとても参考になりました。
  • 普段モデリング作業が中心でPBRのマテリアル設定について学ぶ機会が少なかったため、今回のセミナーはとても有益だと感じました。要点が簡潔にまとめてありそれぞれ図入りの説明だったため、各パラメータのもたらす影響が想像しやすい説明でした。
  • 質感の設定など、今まで何となく行っていましたが、今回のセミナーでは基本的なところを中心に解説して頂けたので、今後はより説得力のあるものを作れると感じました。
  • 飯島さん、最高です。ロジカルで、これまで自分が抱いていたCGへの疑問を短時間で明快に解決して頂きました。また、「ツールであり、効果的に使うべき」は同意します。
  • 初めてダイキンさんのこうした活動を知り、これまでの視聴を逃していたのが残念でなりません。

ダイキンCGセミナーは配信終了後もDAIKIN CG Channelにて掲載しています。
ダイキンからAutodesk製品をご購入いただいた方は、ご契約期間中ご視聴いただけます。

DAIKIN CG Channelでは、過去セミナー映像以外に、Tipsやチュートリアルも掲載しています。

DAIKIN CG Channelへ

ほかのセミナーレポートを見る

過去のイベント・セミナー一覧を見る

お気軽にお問い合わせください

カタログ請求・
お問い合わせフォーム

03-6716-0477

電話受付時間:9:00~17:30(土・日・祝日休み)

メールでのお問い合わせ

Daikin CG Products News 購読申し込み

お得なキャンペーンやセミナー情報、最新の製品情報をメールマガジンでご案内します。

Twitter

ページの先頭へ