CG・コンテンツ制作
  1. CG・コンテンツ制作トップ
  2. イベント・セミナー
  3. セミナーレポート
  4. セミナーレポート ダイキンCGセミナーVol.14(株式会社ユニバーサルエンターテインメント様ご講演)


セミナーレポート

ダイキンCGセミナーVol.14

【MAYA】Golaemで作る群衆表現

開催日

2021年2月26日~3月12日

講師

株式会社ユニバーサルエンターテインメント

セミナー概要

自立型群衆シミュレーションソフトウェア【Golaem】を使用し、Maya上で簡単に群衆シーンを制作。キャラクターセットアップや複雑なプログラミングをしない簡単な群衆制御について解説いただきました。

【MAYA】Golaemで作る群衆表現画面01
【MAYA】Golaemで作る群衆表現画面02

講演者メッセージ

今回のセミナーは、初めてGolaemを触る方に向けてツールの基本的な操作を中心に説明させていただきました。ご覧いただいた皆様ありがとうございます。頂戴した貴重なご意見は今後のチュートリアル制作の参考とさせていただきます。

Golaemは、他の群衆シミュレーションと比較して多機能で自由度が高いツールです。そのため、動画制作過程においても色々と盛り込みたくなる部分はありましたが、「基本操作を紹介」という今回の主旨を考慮し、動画は初歩的な内容になっております。チュートリアルに落とし込むと基本操作だけでもやや工程が多い印象を受けますが、実際に操作することで群衆を生成するまでの手軽さを体感していただけると思います。

映像制作の中で、大規模なエフェクトのシミュレーション等、担当者の頭を悩ます表現はいくつかあります。今回扱った「群衆表現」も難易度の高い表現の一つだと言えます。群衆表現は完成すると映像のスケール感が一気に増すため、うまくいったときの達成感が大きいですが、同時に「群衆表現」=「処理が重い」「制御が複雑」など、制作前に感じるネガティブな印象があると思います。そういった点でGolaemは、処理も軽く機能面でも充実しているので、実際に触っていただくと比較的インタラクティブに編集でき、さまざまな表現の模索が可能だということが実感いただけると思います。また、動画内では触れることができなかった制御方法などもまだまだありますので、今回の動画でGolaemに興味を持たれた方はぜひ一度、「群衆表現」に挑戦してみてください。

株式会社ユニバーサルエンターテインメント

株式会社ユニバーサルエンターテインメント

セミナー満足度

セミナー満足度

参加者コメント(一部抜粋)

  • 操作説明が的確に説明されており、とても良い勉強になりました。
  • Golaemについて深くまで知ることができて、とても有意義なセミナーでした。
  • 操作しながらでないと覚えられないほど、多くの手順が存在すると思いました。実際に作業するときに再度見返したいです。
  • Golaemの導入として、内容はわかりやすく良かったと思います。
  • 有意義な情報だったと思います。できれば個人でもできそうな無料のプラグインなど使用したものもあると助かります。
  • 基本的な使い方を知る事ができ、良かったです。
  • Golaemは一度も触ったことがなかったので、どのような操作方法なのかを知ることができて、勉強になりました。まさかのVTuber形式には驚きました。

ダイキンCGセミナーは配信終了後もDAIKIN CG Channelにて掲載しています。
ダイキンからAutodesk製品をご購入いただいた方は、ご契約期間中ご視聴いただけます。

DAIKIN CG Channelでは、過去セミナー映像以外に、Tipsやチュートリアルも掲載しています。

DAIKIN CG Channelへ

ほかのセミナーレポートを見る

過去のイベント・セミナー一覧を見る

お気軽にお問い合わせください

カタログ請求・
お問い合わせフォーム

03-6716-0477

電話受付時間:9:00~17:30(土・日・祝日休み)

メールでのお問い合わせ

Daikin CG Products News 購読申し込み

お得なキャンペーンやセミナー情報、最新の製品情報をメールマガジンでご案内します。

Twitter

ページの先頭へ