CG・コンテンツ制作
  1. CG・コンテンツ制作トップ
  2. イベント・セミナー
  3. セミナーレポート
  4. セミナーレポート ダイキンCGセミナーVol.17(株式会社ヘキサドライブ様ご講演)


セミナーレポート

ダイキンCGセミナーVol.17

ゲーム開発者視点による、Rig制作ツールmGearの機能紹介~応用編~

開催日

2021年5月24日~6月4日

講師

株式会社ヘキサドライブ
テクニカル・アーティスト
Ritaro 氏

セミナー概要

Autodesk Mayaで動作するRig作成ツール mGearについて、ゲーム開発者視点で解説。GUIを使った選択ツールやモーションキャプチャーの対応についてなど、より便利に応用して使用できる方法をご紹介していただきました。

Rig制作ツールmGearの機能紹介 画面01
Rig制作ツールmGearの機能紹介 画面02

講演者メッセージ

株式会社ヘキサドライブ テクニカル・アーティスト Ritaro 氏

mGearの機能紹介をゲーム開発者視点で3回連続で行ってみました~。

昨年CEDECで、mGearについて講演を行ったところ、多業種の方達からも多くの注目を頂きましたので、今回はゲーム業界向けに絞って紹介しても多くの方に関心を持っていただけるのではないかと思い、表題のように実施してみました。結果はたいへんご好評いただいたようで、嬉しく思っています。元々リガーさんだった方や、聞いてはいたがこれから試してみたい方、更に学生さん達にも見てもらえているとしたら、狙った以上に幅広い方々に紹介出来たことになります。

mGearは人体型だけでなく、動物や昆虫、自動車やロボットまで、色々なGuideの組み合わせで様々なアニメーションに対応できると思いますので、これからmGearを使った色んなRig制作事例が出てきたら面白いなと思っています。

最後までご視聴いただいた方、そして途中までしかご視聴いただけなかった方も、長期間に渡りお付き合い頂き、ありがとうございました~。(また何かやりたいです。)

株式会社ヘキサドライブ
テクニカル・アーティスト Ritaro

セミナー満足度

セミナー満足度

参加者コメント(一部抜粋)

  • 3回にも渡りセミナーを実施していただきありがとうございます。普段からHIKとキャプチャーデータを扱う事が多いので、この辺りのリターゲットを学ぶ事ができ、感謝しております。次回以降も楽しみにしております。
  • いつも有益な講義の配信ありがとうございます。とても勉強になります。モーションの仕事をしていますが、リギングの知識が一切ないので、mGearにチャレンジしてみたいと思います。
  • mGearに関する情報が少ない状況で、日本語の情報は大変ありがたかったです。
  • 有益な内容でした。前回までのセミナーの動画も併せて見れる様にして欲しかったです。ボリュームに対して公開期間が短すぎると思いました。
  • 他のリグを使っていますが、キャプチャデータの扱い方など参考になりました。ありがとうございました。
  • とても丁寧な解説で理解し易いセミナーでした。

ダイキンCGセミナーは配信終了後もDAIKIN CG Channelにて掲載しています。
ダイキンからAutodesk製品をご購入いただいた方は、ご契約期間中ご視聴いただけます。

DAIKIN CG Channelでは、過去セミナー映像以外に、Tipsやチュートリアルも掲載しています。

DAIKIN CG Channelへ

ほかのセミナーレポートを見る

過去のイベント・セミナー一覧を見る

お気軽にお問い合わせください

カタログ請求・
お問い合わせフォーム

03-6716-0477

電話受付時間:9:00~17:30(土・日・祝日休み)

メールでのお問い合わせ

Daikin CG Products News 購読申し込み

お得なキャンペーンやセミナー情報、最新の製品情報をメールマガジンでご案内します。

Twitter

ページの先頭へ