CG・コンテンツ制作
  1. CG・コンテンツ制作トップ
  2. イベント・セミナー
  3. セミナーレポート
  4. セミナーレポート DAIKIN CG Channel Seminar(スマイルテクノロジーユナイテッド株式会社様ご講演)


セミナーレポート

DAIKIN CG Channel Seminar

Maya2022とPython3 最新環境のメリット、注意点

開催日

2021年12月10日~12月24日

講師

スマイルテクノロジーユナイテッド株式会社
テクニカルアーティスト 榎本 智 氏

セミナー概要

Maya2022の登場によりPython3が使用できるようになりました。Python3の追加機能、 Python2,3共用コード作成ノウハウ、async / await を用いた非同期処理について紹介していただきました。

Maya2022とPython3 最新環境のメリット、注意点画面01
Maya2022とPython3 最新環境のメリット、注意点画面02

講演者メッセージ

Maya2022でPython3が導入され、ツールのPython2からPython3への移行、またはPython2との共有化作業が必要となっているTA の方もいると思います。そこで今回は、Python3の新しい機能の紹介と、 Python2との共存方法について解説をしました。

Python3の新しい機能の中でも特に、async / awaitを用いた非同期処理は仕組みと動作が理解しにくいものとなっています。ですので、Pythonにおける歴史や、非同期処理の恩恵が得られやすいネットワ ーク通信を含んだ実例を絡めて、詳細に説明しました。Python2との共存については、Python2とPython3の違いと差異の吸収方法、それぞれのバージョンのライブラリをどのように管理するかについて、これまでの業務経験をベースに説明しました。

今回の講演内容が、皆様の今後の業務の一助となれば幸いです。

スマイルテクノロジーユナイテッド株式会社
テクニカルアーティスト 榎本 智

セミナー満足度

アンケート結果

参加者コメント(一部抜粋)

  • MayaとPython3の関係だけでなく、Python3の非同期処理の歴史にまで踏み込んでいただき、とても勉強になりました。サンプルまでご提示いただきありがとうございました。
  • Python3で知らなかった機能を把握でき、大変参考になりました。
  • ジェネレータについて「メモリ使用量」に着目しているネット情報等が多い中、処理の内容、非同期処理を具体的に説明しに触れて頂きとても勉強になった。
  • 一般的なPython3情報ではない、知らない情報ばかりだったので、有益でした。

ダイキンCGセミナーは配信終了後もDAIKIN CG Channelにて掲載しています。
ダイキンからAutodesk製品をご購入いただいた方は、ご契約期間中ご視聴いただけます。

DAIKIN CG Channelでは、過去セミナー映像以外に、Tipsやチュートリアルも掲載しています。

DAIKIN CG Channelへ

ほかのセミナーレポートを見る

過去のイベント・セミナー一覧を見る

お気軽にお問い合わせください

Daikin CG News お申し込み

CGクリエイター向けのセミナー・イベントやキャンペーン、製品情報をメールマガジンでお届けします。(登録無料)

Twitter

ページの先頭へ