CG・コンテンツ制作

3ds Max 2023 新機能
3ds Max 2023 新機能

最新バージョン

以前のバージョン一覧を見る

3ds Max 2023 新機能紹介

3ds Max 2023がリリースされました。

3ds Max 2023アップデートは、個人およびチームの生産性、最新のアセット作成、およびリアルタイムワークフローに重点を置いています。
このアップデートにより、改善されたRetopology Tools、作業基点に関する新しい機能、ユーザーからのリクエストが多かった自動バックアップ システムの拡張機能、リアルタイム コラボレーションを加速するglTFのサポートなどが提供されます。

作業基点スナップ ツール

基点は、シーン内のオブジェクトやコンポーネントとどのように相互作用するかにとって重要であり、基点の位置と方向を迅速に調整する方法を持つことは、モデリングとアニメーションのワークフローにとって重要です。
そのため、2023アップデートで3ds Maxは[作業基点スナップ ツール]を導入しています。 [作業基点スナップ ツール]は、スマート押し出しの使用、ボーンの追加、リギングなどのさまざまな機能を実行しながら、作業基点を調整するための新しい方法です。

作業基点スナップ ツール

作業基点からポイントを作成

アクティブな作業基点の位置と方向に合わせて、シーンに新しいポイント ヘルパーを作成する事が出来るようになりました。
[作業基点スナップ ツール]の[作業基点からポイントを作成]機能を使用すると、作業基点の位置と方向に位置合わせされた新しいポイント ヘルパー オブジェクトがシーンに追加され、作業するピボットの追加と位置合わせがこれまでになく簡単になります。

作業基点からポイントを作成

作業基点からグリッドを作成

作業ピボットの位置と方向に合わせて新しいグリッド オブジェクトを作成する事が出来るようになりました。
[作業基点スナップ ツール]の[作業基点からグリッドを作成]機能を使用して、グリッド ヘルパーを3ds Maxシーンに追加できます。 これにより、他のグリッド拡張ツールをスムーズに操作できます。

作業基点からポイントを作成

glTFファイルの書き出し

glTFファイルを書き出すことができるようになりました。
glTFファイルはコンパクトで高速なファイル フォーマットで、Webアプリケーション、オンラインストア、ブラウザゲームなどでよく使用されます。

3ds MaxのglTFエクスポータは、メッシュデータとそれに関連するマテリアルをglTF2.0またはGLBにエクスポートします。
また、新しいglTFマテリアルを利用することにより、3ds Maxのビューポートで最終的なglTF出力を正確に作成およびプレビューすることができます。

glTFファイルの書き出し

Retopology Tools 1.2

Retopology Toolsの改善が行われました。
アーティストは、ReFormリトポロジ オプションにある新しい[Preprocess Mesh]オプションを使用して、複雑なメッシュデータをこれまでになく高速に処理できます。
これがアクティブな場合、ReFormはもとのジオメトリに沿ったシンプルなリメッシュを行い、クリーンなクワッド ジオメトリを生成します。
この簡略化されたプロセスにより、サブディバイドやプロ オプティマイザーなどのモディファイヤを使用してメッシュを準備する必要がなくなります。

また、新しいRetopology Toolsは、メッシュデータの情報を保持しながら、スムージング グループ、UV、法線、頂点カラーなどのメッシュに含まれる既存の情報を処理後のメッシュに引き継ぐことができます。
ReFormのAuto Edge制約を使用する場合、アーティストは、すでに作成されている重要なメッシュデータを出力結果に転送する柔軟性を備えています。

Retopology Tools 1.2

自動バックアップ ツールバー

3ds Maxのデフォルトのユーザー インターフェースに新しい自動バックアップ ツールバーが追加されました。
ツールバーは、自動バックアップ プロセスを視覚化して操作するための簡単な手段を提供します。
ツールバー メニューから直接、次の自動バックアップまでの時間を確認でき、自動バックアップの保存をスキップしたり、自動バックアップ設定を調整したりすることが可能です。

自動バックアップ ツールバー

自動バックアップ機能の改善

3ds Maxの自動バックアップ機能が改善され、ユーザーのニーズにさらに適合しました。
2023アップデートでは、ユーザーの生産性を向上させるために、3ds Maxの自動バックアップシステムにいくつかの改善が加えられました。

  • シーンは、元に戻してシーンに保持できるアクションが適用されるまで「変更された」とは見なされません。
  • 3ds Maxシーンを保存すると、自動バックアップ タイマーがリセットされ、保存直後に3ds Maxが自動バックアップを試みる可能性がなくなります。

次のような3ds Max内に配置されているユーザー アクティビティがある場合、自動バックアップはアクティブになりません。

  • マウスを使用したシーン、ビューポート、またはユーザー インターフェース要素の操作。
  • ユーザー インターフェース ウィジェットでの値の編集。
  • [ファイルを開く]ダイアログ ボックスなどのモーダル ダイアログでの作業。
  • シミュレーション、プレビュー作成、テクスチャ バッキングなど。

自動バックアップ機能には、ユーザーが要求した追加の拡張機能も追加されました。これには、次のものが含まれます。

  • 新しい自動バックアップ設定により、バックアップの編成方法をより柔軟に設定できます。
  • デフォルトの自動バックアップタイマー間隔が10分から15分に延長されました
  • バックアップファイルのデフォルト数は3から10になりました。
  • ユーザーは、現在のシーン名をバックアップ ファイルの前に追加することを選択できます。これにより、バックアップされたシーンがより明確になります。
  • 同時に展開されている3ds Maxセッションは、特定のバックアップ ファイルの場所と名前の組み合わせに対して、ユーザーが設定した制限に達するまで互いのバックアップ ファイルを上書きしません。

Autodesk Standard Surfaceに合わせたフィジカル マテリアル

[オートデスク標準サーフェス準拠]と呼ばれる新しいモードが、フィジカル マテリアルに導入されました。
このモードでは新たに[光沢]と[薄膜]の項目が追加されており、よりAutodesk Standard Surfaceに近いマテリアル設定が可能となっています。

自動バックアップ ツールバー

スマート押し出しの機能強化

部分的なカットスルー機能が、3ds Maxの[ポリゴンを編集]モディファイヤで使用できるようになりました。
外向きの押し出しを実行する場合、最終結果の部分的なオーバーラップは、オーバーラップするジオメトリと結合されますが、内向きの押し出しは差し引かれます。

ご購入はこちら

新規 / 更新

サブスクリプション期間

該当する商品がありません。

  • サインイン形式で製品をご使用の場合は、サブスクリプションIDを記載してください。
  • シリアル番号がご不明の場合は「不明」と記載してください。

保守プランからのスイッチ(更新)

お気軽にお問い合わせください


ご購入後のインストール、操作方法などのお問い合わせ

Daikin CG News お申し込み

CGクリエイター向けのセミナー・イベントやキャンペーン、製品情報をメールマガジンでお届けします。(登録無料)

ページの先頭へ