CG・コンテンツ制作

キャラクタアニメーション制作 MotionBuilder|2022 新機能

最新バージョン

以前のバージョン一覧を見る

MotionBuilder 2022 新機能紹介

MotionBuilder 2022では、Python 3 および関連する更新のサポートなど、開発者向けの重要な改善が行われました。このリリースでは、Story ツールが大幅に改善されただけでなく、その他の一般的なワークフローの強化も行われています。

キャラクタ エクステンションのキーフレーム設定の改善

MotionBuilder 2022 では、キャラクタ エクステンションの新しいプロパティにより、キーフレーム設定プロセスが簡素化されました。これにより、関連付けられたボディパーツと連動させて簡単にアニメートできるようになります。エクステンションのリファレンスオブジェクトを含むボディパーツが選択されたときにキャラクタ エクステンションにキーを設定するには、キャラクタエクステンションプロパティの新しい Add to Body Part プロパティを有効にします。

Relation コンストレイント + アニメーションレイヤ

これで、Relation コンストレイントでアニメーションレイヤを追加して、レイヤのウェイトを制御できるようになりました。さらに、レイヤが表示され、 Navigator ウィンドウのそれぞれのテイクにペアレント化されるようになりました。つまり、レイヤのウェイトを制御しながら、アニメーションレイヤに Relation コンストレイントを含めることができます。また、Navigator 内のレイヤ関係の可視性が改善されました。

Relation コンストレイント + アニメーション レイヤ

注:ループが作成された場合、検証は行われません(他の Relation コンストレイント オブジェクトと同様)。たとえば、レイヤのウェイト値に影響を与えるキューブの位置などです。キューブの位置が、キューブが影響を及ぼす同じレイヤの影響を受ける場合、キューブの位置が予期しない動作で移動することがあります。

グループとセットの機能強化

グループとセットの機能強化

Groups/Sets ツールに、新しい Activate Recursively オプションが追加され、親ノードを切り替えたときに Groups/Sets の Show/Pick/Trs の設定を保持できるようになりました。

このオプションが有効な場合、Group や Set をオンにすると、ネストされているすべてのグループやセットがオンになります。このオプションが無効な場合、Group や Set をオンにしても、既にオンになっているネストされたグループやセットしかオンになりません。

新しい Undo ウィンドウ

MotionBuilder を初めて使用するときに、新しい Undo ウィンドウにコマンド履歴の詳細なビューが表示され、Undo スタック内の現在のレベルを表示および更新できるようになりました。

新しい Undo ウィンドウ

Undo ウィンドウにアクセスするには、MotionBuilder のメイン メニューバーで、Window > Undo を選択してください。

ご購入はこちら

新規 / 更新

サブスクリプション期間

価格

該当する商品がありません。

  • シリアル番号がご不明の場合は「不明」と記載してください。
  • 数量はカート内でご入力ください。

保守プランを購入する

保守プランからのスイッチ(更新)

お気軽にお問い合わせください

カタログ請求・
お問い合わせフォーム

03-6716-0477

電話受付時間:9:00~17:30(土・日・祝日休み)

メールでのお問い合わせ

ご購入後のインストール、操作方法などのお問い合わせ

Autodesk製品サポートリクエストフォーム

Daikin CG Products News 購読申し込み

お得なキャンペーンやセミナー情報、最新の製品情報をメールマガジンでご案内します。

ページの先頭へ