CG・コンテンツ制作
  1. CG・コンテンツ制作トップ
  2. 製品
  3. Autodesk MotionBuilder
  4. Autodesk MotionBuilder 2019 最新バージョン

キャラクタアニメーション制作 Autodesk MotionBuilder 2019 最新バージョン

【Autodesk】ステップアップキャンペーン2

Autodesk製品の3年サブスクリプションが15%OFFでご購入いただけます。

最新バージョン

以前のバージョン一覧を見る

MotionBuilder 2019 新機能紹介

Autodesk MotionBuilder 2019ではStory ウィンドウ、Character Controls、および Baking が強化され、ファイル サイズの削減に役立つ新しい Clean Up Scene ツールが追加されました。また、Character Controls ウィンドウが表示されないようにできる設定オプションや、SDK に対するいくつかの更新が追加されました。

Camera Switcher の改善点

Camera Switcher の改善点
  • 外観の改善 : カメラのリストが独立した左ペインに表示され、カメラをすばやく、簡単に選択できるようになりました。
  • スイッチのロック : [Ctrl]キーを押しながら複数のカメラスイッチを選択し、スイッチャタイムラインを右クリックして、Link Selected Clips を選択すると、選択したスイッチをまとめてロックすることができるため、複数のスイッチの移動や編集を 1 回の操作で簡単に行うことができます。
  • カメラスイッチの移動 : 選択したカメラスイッチをスイッチャタイムライン上でドラッグして、再配置することができます。

埋め込みメディアに関する新しい設定

Saving プリファレンスに用意されている埋め込みメディアに関する新しい設定を使用すると、元のファイルパスを維持しながら、メディアファイルに固有の場所をローカルに選択することができます。また、ファイルが埋め込まれたシーンを保存する前に表示される警告を有効にすることもできます。

Clean Up Scene でファイルサイズを削減する

File メニューに Clean Up Scene という新しいツールが追加されて、シーンから空のアセットや未使用のアセットを削除できるようになりました。この機能を使用すると、シーンを整理し、ファイルサイズを小さくすることができます。

移動ツールの更新

移動ツールでは以下の点が改善されました。

  • 相対的なローカル空間内でのオブジェクトの移動 : 移動ツールを使用して、複数のオブジェクトをそれぞれのローカル空間内で移動できるようになりました。ローカル移動は、グローバル移動と異なり、選択したすべてのオブジェクトに適用されるわけではありません。移動ハンドルの付いたオブジェクトにのみ適用されます。
  • Parent Reference モード : オブジェクトの親の軸に沿ってオブジェクトを移動できます。
移動ツールの更新

Story ウィンドウの改善点

次の更新および修正により、Story ウィンドウの全体的なパフォーマンスが向上しました。

  • リップルマニピュレータ : 新しいリップルマニピュレータを使用すると、クリップをスケールしたり、すべての後続クリップの位置を同時に移動したりすることができます。1つのクリップの期間を変更すると、タイムライン上のすべての後続クリップが後方に移動します。マニピュレータを表示するには、クリップの長さやトラックの高さを拡張します。
  • ショットとショットクリップの長さを同期 : ショットおよび関連するショットクリップのいずれかをストレッチするときに、ループを作成しないで、これらの長さを同期できるようになりました。
  • クリップのテキストの表示または非表示 : 再生および操作中に Story クリップのテキストを非表示にすることができるようになりました。クリップ数の多いシーンのパフォーマンスが向上します。
  • Shot の表示 : ショットが複数のトラックに表示され、操作しやすくなりました。
  • ショットとショットクリップの色の一致 : 旧バージョンでは、ショットは常に赤で表示されましたが、対応するショットクリップと同じ色で表示されるようになりました。
  • ショットの表示または非表示 : 既定では、関連するショットトラックを最小化するか、折りたたむと、ショットは非表示になります。

すべてのテイクを連続再生する

Transport Controls の新しいオプションを使用すると、すべてのテイクを連続再生することができます。
※逆方向の再生が有効な場合、最初のテイクの先頭に達すると、再生は停止します。

FCurves プリファレンス

FCurves プリファレンスで次のオプションを使用できるようになりました。

  • Detect Invalid Keys : 計算エラーの後に、カーブ内に無効な FCurveキーが挿入されることがあります。この新しいプリファレンスを有効にすると、無効なキーが挿入された場合に検出され、必要に応じてエラー メッセージが表示されるようになります。問題のあるキーの値は自動的に 0 にリセットされ、手動で修正することができます。
  • Force New Keys on Ordinal Property to Step : 有効(既定)にすると、元のプロパティにキーを設定するときに Step キーが生成されます。

Character Controls : Pinning Presets

Character Controls ウィンドウの Controls タブにある新しい Pinning Presets アイコンを使用して、使用頻度の高いピン設定を保存できます。Translation ピンおよび Rotation ピン値を一意のプリセットファイルに保存し、それぞれ異なるピン値を含む複数のプリセットファイルを保存できるようになりました。プリセットはいつでもロードできるため、同じエフェクタに対してピンおよび固定解除を繰り返す必要はなくなります。

ベイク処理の改善点

Plot All Propertiesウィンドウで次に示す新しいオプションを使用できるようになりました。

  • Plot Aux Effectors : このオプションをオフにすると、コントロールリグにプロットするときに、補助エフェクタの位置が関連するエフェクタにスナップしなくなります。
  • Evaluate Deformation : オンにすると、ベイク処理プロセス中に変形することができます。

Character Controls の自動ポップアップをコントロールする

Application.txt 環境設定ファイル内の新しいオプションを使用して、Character Controls が開くタイミングをコントロールできます。既定では、新しいキャラクタまたはアクターがロードされると、Character Contols が自動的に開きます。この動作を無効にするには、新しい PopUpCharachterControlonce オプションを No に設定します。

Human Finger Limits の既定値をコントロールする

新しいキャラクタを作成するときにキャラクタの HumanFingerLimits プロパティ値をコントロールする、新しい Human Finger Limits プリファレンス(Settings > Preferences > Character)が追加されました。このプリファレンスは、既定でオフになっています。

FBX バージョン 2019.5

Autodesk MotionBuilder 2019 には、さまざまなバグが修正された最新バージョンの FBX(2019.5)が導入されています。

DDS bc6 および bc7 ビデオ形式のサポート

bc6 または bc7 形式で圧縮された DDS イメージファイルを MotionBuilder でネイティブに開けるようになりました。

LTC デバイスのサポート

Linux で Autodesk MotionBuilder を実行している場合に、LTC デバイスを使用できるようになりました。

Autodesk MotionBuilder をバッチ処理モードで実行する

Autodesk MotionBuilder をバッチ処理モードで実行し、インタフェースを通さずにコマンドを実行できるようになりました。そのためには、Autodesk MotionBuilderを起動するときに -batchフラグを使用する必要があります。batchフラグは通常、-Fフラグで設定可能な Pythonスクリプトを実行する場合に使用します。
※ -batch コマンドはバッチレンダリングには使用しません。

時間精度の向上

Autodesk MotionBuilder 2019 には精度の高いティックレートが導入され、Maya に合わせて稼働率の精度が調整されています。作業中は新しいレートが使用されますが、保存中は以前のレートが使用されます。このため、作業中は精度が上がりますが、保存中はこれまでと同じ精度になります。

起動中に Python コンソールで変数を設定する

Python Editor が C: ¥Users¥[username]¥Documents¥MB¥[version]-x64¥config¥Python¥pythonidelib_init.py ファイルの内容を参照するようになり、ユーザは起動時にショートカット変数などの特定のコードを実行できるようになりました。このファイルが存在しない場合は、Autodesk MotionBuilder によって作成されます。たとえば、scn = FBSystem().Scene を pythonidelib_init.py に追加すると、Python Editor を起動するたびに、このエディタでショートカット変数 scn を使用できるようになります。

SDK ヘルプの改善点

Autodesk MotionBuilder ヘルプの目次から SDKヘルプトピックに直接アクセスしたり、ヘルプシステムの強化された検索機能を使用したりできます。

ご購入はこちら

新規 / 更新

ユーザータイプ

サブスクリプション期間

価格

該当する商品がありません。

  • シリアル番号がご不明の場合は「不明」と記載してください。
  • 数量はカート内でご入力ください。

保守プランを購入する

保守プランからサブスクリプションの切り替えをする

ダイキンCG オンラインショップ ショップ限定オリジナル特典 お得なキャンペーンも開催
ダイキンプラチナメンバーズサイト(セミナー映像/資料/オリジナルTips)
SUITE USERS NOTES

お気軽にお問い合わせください

カタログ請求・
お問い合わせフォーム

03-6716-0477

電話受付時間:9:00~17:30(土・日・祝日休み)

メールでのお問い合わせ

ご購入後のインストール、操作方法などのお問い合わせ

Autodesk製品サポートリクエストフォーム

Daikin CG Products News 購読申込み

お得なキャンペーンやセミナー情報、最新の製品情報をメールマガジンでご案内します。

ページの先頭へ