CG・コンテンツ制作

After Effects用
流体物理エンジン搭載 3Dパーティクル生成
Trapcode Particular

Golaem

Trapcode Particular

煙、炎、火花などの自然現象から、空間を漂う塵、有機的なオブジェのグラフィックなど、あらゆる3Dパーティクルを作成する After Effects プラグイン、Trapcode Particular。

搭載している流体物理エンジン FLUID DYNAMICSにより空気中で漂うパーティクル表現やバウンスなど、バージョン3ではできなかった表現が可能になります。また、アップデートされたエフェクトデザイナーを活用することで今まで以上に直感的かつ簡単にパーティクルデザインが可能になります。さらに、FLUID DYNAMICSを活用したプリセットを含む、35種類の新規プリセットをエフェクトデザイナーとともに活用することで、プリセットのカスタマイズからより幅広いデザインが可能になります。

After Effects のパーティクルエフェクトのデファクトスタンダードともいえる Trapcode Particular は、より複雑なエフェクト制作をより直感的に、かつてない速度で実現します。

主な機能

デザイナー

デザイナー

Trapcode Particular 4のデザイナーを利用すれば、パーティクルエフェクトの制作が今まで以上に簡単になります。 エミッタやパーティクル、フィジクス、およびAUXパーティクルなど、カスタマイズ可能なブロックを追加して組み合わせることでパーティクルエフェクトをのデザインを可能にします。もちろんワンクリックでプリセットを適用して、自在にカスタマイズすることもできます。

FLUID DYNAMICS

FLUID DYNAMICS

新たに搭載された流体物理エンジンがダイナミックな渦巻き効果を作成を実現します。FLUID DYNAMICSを活用する場合は、エフェクトパネルのPhysics内のPhysics ModelにてFluidを選択し、流体エフェクトを作成してください。

335以上のプリセット

335以上のプリセット

Trapcode Particular 4にて搭載された流体物理エンジンを活用したプリセットを含む35種類の新規プリセットを追加しました。これにより炎、閃光、花火、爆発、煙などを生成できる335以上のカスタマイズ可能なプリセットを搭載しています。

GPUアクセラレーション

GPUアクセラレーション

OpenGLを利用することで、旧バージョンと比べて最大4倍の高速化を実現しました。

3Dカメラ & ライト

3Dカメラ & ライト

Trapcode ParticularはAfter Effectsの3Dカメラとライトを使用するため、モーショングラフィックスや実写映像とパーティクルエフェクトとを自然に合成することができます。

MULTIPLE SYSTEMS

MULTIPLE SYSTEMS

3D空間で複数のパーティクルシステムを組み合わせることで無限の創造性を探ることができます。マルチシステムのエミッターは、パラメータ設定(タービュランスや重力など)を共有することができ、単一のプリセットとして保存することができます。

OBJSエミッター

OBJSエミッター

3Dモデル、もしくはOBJシーケンスをTrapcode Particularのエミッターとして使用することができます。OBJファイルの頂点、エッジ、面またはボリュームからパーティクルを発生させることができます。プリセットとして搭載する60以上のOBJライブラリ、もしくは自身で作成したOBJファイルをエミッターとして利用することができます。

環境マッピング

環境マッピング

レイヤーを反射マップとして使用して、テクスチャ付きポリゴンのカラー変更を実現します。パーティクルが3Dで回転している時に利用すると効果的です。

Sprites and Polygons

Sprites and Polygons

カスタムパーティクルでは、レイヤーを2Dスプライトやテクスチャポリゴンとして使用することができます。Particular 2.5 には100種類以上の静止画やアニメートされたスプライトイメージを収録し、エフェクトビルダーで簡単に読み込んで使用できます。

Graphs

Graphs

新しいグラフエディターで粒子のサイズや透明度をコントロールできます。カーブを描いてポイントでの調整も簡単に行えます。

Explode Behavior

Explode Behavior

キーフレームを設定することなく爆発の動きを作成することが可能です。

Aspect Ratio

Aspect Ratio

パーティクルのアスペクト比を変更してシェイプまたはスプライトイメージを圧縮・伸縮できます。球状を卵型にしたり、正方形を長方形にしたりとシェイプを簡単に調整できます。

Square and Circle Brush

Square and Circle Brush

新しい2種類のパーティクルが追加され、段階的に生成された四角や円形のパーティクルを実現します。

動画

What's New in Trapcode Particular 4

Trapcode Particular 4: New Features Tutorial

動作環境

アプリケーション
  • After Effects CC2017 / CC2018 / CC2019 / 2020
OS
  • Windows 10
  • MacOS 10.11以降

対応するOSバージョンにつきましては、「After Effects 必要システム構成」(フラッシュバック社へ)新しいウィンドウで開きます をご参照ください。

ハードウェア
  • 4 GB 以上のRAM
  • 800 MB以上のHDDスペース
  • Intel HD 5000以上のグラフィックス
  • Nvidia 9XX以降のグラフィックボード推奨
  • AMD 200シリーズ以降のグラフィックボード推奨
  • 2GB以上のVRAM(HD)
  • 4GB以上のVRAM(4K)
必要システム構成
  • プラグインのテクニカルサポート提供は、「After Effects 必要システム構成」内でのご利用が前提となります。「After Effects 必要システム構成」(フラッシュバック社へ)新しいウィンドウで開きます をご参照のうえ、After Effects が動作を保証するシステム構成内でプラグインをご利用ください。なお、Adobe社の「必要システム構成」で動作が保証されない環境でプラグインを使用した際に発生するトラブルへのサポート提供は致しかねますことご了承ください。

お気軽にお問い合わせください

カタログ請求・
お問い合わせフォーム

03-6716-0477

電話受付時間:9:00~17:30(土・日・祝日休み)

メールでのお問い合わせ

Daikin CG Products News 購読申し込み

お得なキャンペーンやセミナー情報、最新の製品情報をメールマガジンでご案内します。

Twitter

ページの先頭へ