ページの本文へ

分子ソフト&インフォマティクス
  1. 分子ソフト&インフォマティクス
  2. Materials Studio 2019の新機能のご紹介
分子&インフォマティクス

分子ソフト&インフォマティクス

イベント・セミナー
Materials Studio 2019の
新機能のご紹介

Materials Studio 2019の新機能のご紹介

2018年12月にリリースされたMaterials Studioの最新バージョンとなるMaterials Studio 2019は、生産性を高めるために拡張され、触媒や半導体材料のデザインやポリマーコンポジットの性能の最適化の研究分野に適用できます。複数の新機能が追加され、さらに新しいモジュールとしてKinetixモジュールが追加されました。Kinetixモジュールは、表面化学計算の設定を行い、計算を実行し、Kinetic Monte Carloシミュレーションの結果の可視化と解析を行うことができます。加えて、ジョンソン・マッセイ社と共同で行った触媒ナノ粒子の計算機によるデザインに焦点を当てたONETEPモジュール (オーダーN法の第一原理計算コード) の最近の応用事例をご紹介します。最後に、BIOVIA事業部の一部となったCOSMOlogic社について、流体相熱力学の新しい可能性をご紹介します。
ご多忙中とは存じますが、是非ご参加ください。

開催概要

開催日時

2019年2月13日(水)13:00~17:30 詳細はこちら(主催者サイトへ)

会場

東京コンファレンスセンター 品川
〒108-0075 東京都港区港南 1-9-36 アレア品川 アクセスはこちら

定員

30名

参加費

参加費無料(事前登録制)

お問い合わせ ダイキン工業株式会社 電子システム事業部 営業部
SCグループ 電話 : (東京)03-6716-0460

お申し込みはこちら(主催者サイトへ) セミナーは終了しました

お気軽にお問い合わせください

電話でお問い合わせ

東京(担当:SCグループ)
03-6716-0460

受付時間 9:00-17:30(土・日・祝除く)

メールマガジン購読申込み

「Daikin 分子シミュレーション News」分子シミュレーションソフトの最新情報やユーザー様が作成された論文をご案内します。

購読申込み

ページの先頭へ