ページの本文へ

分子ソフト&インフォマティクス
  1. 分子ソフト&インフォマティクス
  2. セミナー
  3. カーボンニュートラル社会へ向けたCO2分解・回収・再利用 研究事例のご紹介
分子&インフォマティクス

分子ソフト&インフォマティクス

Webinar
カーボンニュートラル社会へ向けたCO2分解・回収・再利用 研究事例のご紹介

触媒を使用した、CO2から有用な化合物創成研究におけるシミュレーション活用

カーボンニュートラル社会への実現に向け、大気中のCO2を有効活用する研究が進められております。
今回、大阪大学 森先生より、「次世代合金ナノ粒子触媒開発のための理論計算の活用」として、研究事例をご講演頂きます。

また、ダッソー・システムズ社 Chatterjee氏より、Materials Studioを活用したCO2からPGMEを作成する反応プロセスの研究事例をご紹介いたします。

内容

1. 次世代合金ナノ粒子触媒開発のための理論計算の活用
大阪大学大学院工学研究科 准教授 森 浩亮 氏

カーボンニュートラル社会の構築によりエネルギー資源革命を達成するには、CO2資源化や水素生成において新機能を発現する触媒の開発が不可欠であります。特に構造・組成が多様な合金ナノ粒子の開発が注目されているが、特殊表面反応場で観察される相乗効果やその反応メカニズムを実験のみで理解することは容易ではありません。ここでは様々な実験的構造解析手法と理論計算を併用して活性種近傍の微細構造と優れた触媒機能の関連を明らかにした事例を紹介します。

大阪大学大学院工学研究科 准教授 森 浩亮 氏

大阪大学大学院工学研究科
准教授
森 浩亮 氏


2. COを用いた機能性化学品の最適な合成経路を提案するシミュレーション手法のご紹介
ダッソー・システムズ株式会社
BIOVIA Industry Process Consultant Senior Manager Abihijit Chatterjee 氏

環境問題を軽減するために、二酸化炭素(CO)を価値のある炭素化学物質に変換することは、カーボンニュートラルな経済発展のための有望な戦略である。特に、プロピレングリコールメチルエーテル(PGME; C4H10O)や乳酸(C3H6O3)のような酸素化合物の合成に不活性な二酸化炭素を利用することは、多面的な産業応用の観点から注目されています。
我々は、マルチスケールシミュレーション法を用いて、この反応の実現可能性と最適な触媒を提案し、高い実験コストと生産性を削減し、カーボンニュートラルな社会の実現に貢献することを目指します。

ダッソー・システムズ株式会社 BIOVIA Industry Process Consultant Senior Manager Abihijit Chatterjee 氏

ダッソー・システムズ株式会社
BIOVIA Industry Process Consultant
Senior Manager
Abihijit Chatterjee 氏

お申し込みはこちら お申し込み受付は終了しました

開催概要

開催日時

2022年8月4日(木)13:30-15:30

アジェンダ
  • 13:30-14:20 大阪大学大学院工学研究科 森氏ご講演 (50分)
  • 14:20-14:30 質疑応答(10分)
  • 14:30-14:40 休憩(10分)
  • 14:40-15:20 ダッソー・システムズ株式会社 Chatterjee氏ご講演(40分)
  • 15:20-15:30 質疑応答(10分)
  • ライブ開催のため、各パートの開始・終了時間は変動する場合がございます。
参加方法・備考

無料・事前お申し込み制

  • ライブ開催はZoomを利用したオンライン配信です。
  • お申し込みは8月4日(木)13:00までとなります。
  • 視聴URLはお申し込み後に送信されるメールをご覧ください。
お問い合わせ ダイキン工業株式会社 電子システム事業部 SATグループ
電話 : 03-6716-0460

お申し込みはこちら お申し込み受付は終了しました

お気軽にお問い合わせください

電話でお問い合わせ

東京(担当:SATグループ)
03-6716-0460

受付時間 9:00-17:30(土・日・祝除く)

メールマガジン購読申込み

「Daikin 分子シミュレーション News」分子シミュレーションソフトの最新情報やユーザー様が作成された論文をご案内します。

購読申込み

ページの先頭へ