ページの本文へ

SpaceFinder
  1. 業務改革ソリューション
  2. 製品
  3. PDCA支援ツール Melius

改革テーマの達成状況を見える化し、未達原因を自動で抽出。PDCAサイクルを加速し、業務改革のスパイラルアップを支援します。

PDCA支援ツール Meliusは、①業務改革のテーマ策定、②改革達成状況の確認、③課題の分析、④分析結果に対する新施策の立案と実行を支援します。 開発拠点、製品、型番、不適合の原因など、SpaceFinderに蓄積された業務プロセス上の様々な情報の中から、ユーザーが設定した評価指標(KPI)の目標値に対して達成状況を示すとともに、未達の原因と考えられる条件を自動で抽出し、真の課題の所在特定につなげます。業務改革のPDCAサイクルを効率化し、更なる改革テーマにスパイラルアップしていくことが可能です。

PDCAサイクル

このようなご要望にお応えします。

  • 業務改革を業務のIT化や見える化だけに留めず、課題を抽出しながら改善活動を実践したい。
  • 改革の効果を定量的に把握したい。システム導入の効果も明確にしたい。
  • PDCAサイクルを回しながら追加施策を継続的に実施したい。

【特長1】業務プロセスで蓄積した情報から業務改革の達成状況を自動で定量化

  • ユーザーが設定した改革テーマの評価指標(KPI)に基づき、目標の達成度を自動で集計。
  • 各業務改革テーマは、目標の達成度合に応じて色別のカードで一覧表示。

【特長2】目標未達となった業務の傾向を自動抽出し、課題の所在特定が可能

  • 未達業務の製造拠点、品番などの隔たり傾向や、原因要素の上位5項目を自動表示。
  • 未達状況の推移や統計図などをグラフで表示するため、視覚的に課題の所在が特定しやすい。

ご活用例

製品開発部門

改革テーマ:個別受注品の開発コスト削減
KPI:月間の開発超過コスト

改革テーマ:品質つくりこみ徹底
KPI:設計起因不具合数、指摘件数と対策完了率、レビュー実施率

品質保証部門

改革テーマ:不具合対応期間の短縮
KPI:対応フローの実行日数

改革テーマ:市場不具合削減
KPI:不具合傾向(重要度、再発、原因、拠点、サプライヤなど)

サービス部門

改革テーマ:サービス長期対応案件の削減
KPI:対応フロー実行日数の7日以内

改革テーマ:サービス対応指示の迅速化
KPI:対応指示タスクの実行時間

ページの先頭へ