ページの本文へ

SpaceFinder

製造業に適した品質管理・改善のための情報基盤

SpaceFinderは、ワークフロー・電子帳票・文書管理・BI機能を兼ね備え、不具合再発防止、不具合コスト削減、抜本的な品質改善の推進等にお役立ていただける、製造業に最適な品質管理・改善のための情報基盤となります。クレーム対応や是正の徹底、顧客対応の迅速化、グローバルでの品質情報見える化、品質保証業務の生産性向上、設計開発へのフィードバックなど、様々な目的でご活用いただけます。

製造業導入数

SpaceFinderは、このような課題にお応えいたします。

品質水準を向上するSpaceFinderの特長・メリット

【特長1】カスタマイズ自在なオール・イン・ワン パッケージソフトウェア

オールインワンパッケージ
  • SpaceFinderは、電子帳票、ワークフロー、ファイル管理、帳票/ワークフローデザイナーを標準装備したパッケージソフトウェアです。情報の一元管理や業務の標準化・体系化、進捗の見える化、検索/二次利用等を支援し、様々な業務改革にご活用いただけます。
  • 専門的なプログラミング不要で、電子帳票とワークフローを作成できます。お仕着せのシステムではなく、お客様ご自身が自社に最適なシステムを構築いただけます。また、業務の見直しや環境変化に追随し、システム改修もスピーディに行えます。
  • 1999年の発売以来、多くのお客様とダイキン工業のものづくり現場で 活用され、業務効率化・品質の改善を支えるITツールとして成長。国内620社、製造業売上高上位50社中25社にて採用いただいています。

【特長2】品質情報の一元管理

品質情報の一元管理
  • 市場クレームや工程内不具合、購入品不良、現地作業不具合等、様々な品質情報を集約した品質情報データベースを構築できます。重要度や原因分類等の管理項目を任意に設定し分析に活用できます。
  • 工場や営業所、サービス拠点等に情報を散在させることなく、不具合内容や原因、対策まで、一連の情報が自動的に集約されます。
  • Webベースでグローバル展開が容易に行えます。多言語対応、時差対応等を標準装備。
  • 案件毎や情報毎にアクセス権を柔軟に設定できます。例)営業部門は営業所単位で情報を公開。解析情報は品質保証部門に限定 etc.
  • PLMや工程管理システム等、外部システムとの連携構築が可能です。

【特長3】クレーム処理の迅速化

クレーム処理の迅速化
  • クレーム受付から一次対応、原因分析、対策、報告まで、ワークフローに沿って一連の業務がスムーズに流れます。上流工程で入力された情報は後工程に自動転記されるので、スピーディに作業が行えます。
  • 部門間やグループ会社間での情報伝達の手間とロスタイムを削減できます。マイタスクを一覧化でき、紙やメールの見落としによる遅延も防止できます。
  • 不具合対策の進捗や工程別滞留日数を見える化でき、対策遅延を早期に発見できます。
  • 工程毎、原因分類毎など、自在な切り口で所要日数を分析し、対応短縮化に活用できます。
  • 過去のクレーム情報を検索し、類似事例を参考にすることで、対応迅速化が図れます。

【特長4】是正措置の徹底

  • クレーム/不具合案件の中から是正処置が必要な案件をピックアップし、原因解析や暫定対策、恒久対策、効果測定までの一連の業務をワークフローで運営できます。
  • 是正措置の過程で開催された会議の議事録や関連資料、承認履歴も一元管理できます。
  • 是正案件の全体を把握し、その進捗状況がリアルタイムで一覧表示できます。対策実施や効果測定に期間がかかる場合でも、漏れなく是正措置の徹底が図れます。
  • 設計変更や材料変更、工程変更、マニュアル改訂等、是正措置で派生する変更管理も、紐付けて一元管理できます。

【特長5】品質指標の見える化

  • 製品別/顧客別/原因別/地域別/重要度別のクレーム発生件数や対応日数、工程別所要日数等、様々な切り口で品質指標をリアルタイムにグラフ化し、ダッシュボードで共有できます。
  • 例えば、新機種立上げ時の不具合発生トレンドを監視したり、過去1年間でクレームの多かった部品に対して、そのサプライヤを抽出し、不具合原因の詳細情報を元に対策を協議する、といった活用が可能です。
  • 情報の公開範囲は柔軟に設定できます。

【特長6】品質改善PDCA強化

  • 例えば、「クレーム件数の30%削減」といった改善目標が設定された場合に、部品や原因別で全体に占めるウエイトを分析し、どこに注力すべきかを判断して施策立案が行えます。
  • 改善施策に対してKPIと目標値を設定し、施策実施後の目標達成状況をモニタリングできます。
  • 目標が未達だった場合に、その原因を分析することができます。

【特長7】不具合再発防止

  • 過去の不具合情報を重要度や部品別、原因別等で抽出し、不具合現象や一次対応の内容、不具合解析結果、設計変更等の情報が紐付いて取り出せます。この情報をもとに、チェックリストや設計基準に反映することで、不具合の再発防止にお役立ていただけます。
  • 開発担当者が、類似機種の過去不具合やデザインレビューでの指摘事項を簡単に検索することができます。これにより、過去の問題点をあらかじめ考慮した開発が可能になります。
  • デザインレビューの際に、レビューアーが過去の指摘事項や不具合情報を自在に検索し、レビューの精度を向上することができます。また、指摘事項に期限を設けて対策実施を徹底することができます。

【特長8】体質改善

  • 製造拠点(国内/グローバル)や取引先の監査を、電子帳票/ワークフローを活用して効率化。関連資料も紐付けて登録できます。
  • 電子帳票上にチェック項目を展開し、監査結果を入力することで、集計作業が自動化できます。
  • 監査実施結果から改善プロセスのワークフローを起動し進捗をチェック。やりとりの経緯やエビデンス資料も一元管理できます。
  • 前年度比較、拠点間比較、管理項目別レーダーチャート等、ビジュアルに情報共有することで、体質改善を推進することができます。

品質水準を向上する「SpaceFinder」の導入フロー

問題点、目指す姿をヒアリング

お客様の事業内容や業務フローと共に、課題や目指す姿をヒアリングさせていただきます。

提案・デモ版提示

課題解決・目指す姿の実現イメージをご提案。場合によってはデモ画面で実際の動きをご覧いただきます。

導入・構築支援

経験豊富なエンジニアがスムーズな導入やシステム構築をご支援します。

アフターサポート

専任のサポートチームが、お客様の円滑な運用をバックアップします。

お気軽にお問い合わせください

電話でお問い合わせ

東京
03-6716-0464
大阪
06-6374-9313
名古屋
052-955-0698

受付時間 9:00-17:30(土・日・祝除く)

メールマガジン購読申込み

「Daikin 開発プロセス改善 News」セミナー情報や新着事例をメールマガジンでご案内します。

購読申込み

ページの先頭へ