ページの本文へ

SpaceFinder
  1. 業務改革ソリューション
  2. 製品
  3. ワークフロー
  4. 複雑な業務プロセスに対応-製品特長

複雑な業務プロセスに対応-製品の特長

企業が価値を生み出す、研究開発や製造、品質保証等の業務は、様々な部門や拠点をまたがり、多くの人が関わるため、ワークフローシステムにも高度な対応力が求められます。また、今の仕事の進め方をお仕着せのシステムに合わせて変更しなければならない場合、これまで培った自社ならではの業務ノウハウが損なわれ、競争力低下につながりかねません。多忙な現場にも余計なストレスを与えてしまいます。
ものづくりの現場で生まれたSpaceFinderなら、このような状況に対応し、貴社に最適なワークフローを構築することができます。

■複数のワークフローを連携

研究開発や製造、品質保証等は、複数の業務が連携して業務全体が階層的に構成されています。そのような場合でも、SpaceFinderなら、複数のワークフローを連携させ、業務全体を体系的に運用・管理することができます。
例えばクレーム対応は、起きている事象に対する一次対応、重要度の判断と出荷停止等の措置、原因分析と波及性の確認、4M変更、初期流動管理等で構成されます。これらの業務は担当部門や時間軸がまちまちなため、単一のワークフローで管理・運営するのは困難です。SpaceFinderでは、個々の業務に対応するワークフローを作成するとともに、前の業務から次の業務にトリガーをかけたり、共通する情報や設定を引き継げ、全体を一つの案件として進捗管理したり、情報を引き出すことができます。

■複雑なワークフローに対応

差し戻し、分岐、並列処理、代理承認を含む複雑なワークフローを作成いただけます。

  • 代理承認:フローやタスク毎に代理承認者リストを設定することで、承認者が不在の場合等に代理承認が可能です。
  • 複数承認タスク:承認タスクに対して、複数人の承認を得ることが可能です。定めた人数に承認が達した場合にタスク完了となります。
  • タスクのアラート通知:指定した期間を経過してもタスク完了していないユーザーに対して、アラート通知メールを送信します。
  • 条件分岐タスク
  • 並列承認
  • 承認、差し戻し
ワークフロー作成例

ワークフロー作成例

■業務効率化の仕掛け作り

SpaceFinderのワークフローは、業務の標準化や進捗の見える化にとどまらず、業務効率化の仕掛けを組み込むことが可能です。例えば、製品開発工程で、設計規準や過去の失敗事例をワンクリックで参照できたり、各種申請書の雛形をダウンロードできたり、タスクの期限が近くなるとメール通知するというような機能を、お客様の業務にあわせて組み込んでいただくことができます。

お気軽にお問い合わせください

電話でお問い合わせ

東京
03-6716-0464
大阪
06-6374-9313
名古屋
052-955-0698

受付時間 9:00-17:30(土・日・祝除く)

メールマガジン購読申込み

「Daikin 開発プロセス改善 News」セミナー情報や新着事例をメールマガジンでご案内します。

購読申込み

ページの先頭へ