ページの本文へ

SpaceFinder
  1. 業務改革ソリューション
  2. 製品
  3. ワークフロー
  4. ワークフローに沿った文書管理-製品特長

ワークフローに沿って文書を管理-製品の特長

製品開発や品質保証、生産準備等の企業活動では、様々な成果物(文書)が作成されます。例えば、製品開発では、設計仕様書や開発日程表、原価計算書、試験報告書、設計審査議事録など、膨大な文書がプロセスに沿って作成されます。
SpaceFinderは、このような文書をワークフローに沿ってわかりやすく蓄積し、共有化することができます。

■作成すべき文書と担当者、期限を明確化して一元管理

  • SpaceFinderでは、電子帳票上に、業務タスクと作成すべき文書、担当者、期限を一覧表示できます。そこにファイルを登録していくことで、文書の共有と進捗の見える化が行えます。
  • 作成期限が近づくと、担当者や上長にアラートメールを自動配信することで、期限遵守をサポートします。配信のタイミングや配信先は任意に設定できます。
  • ワークフローに沿って仕事を進めることで、無理なく自然に文書が蓄積されています。
  • タスク毎に成果物の登録を必須設定にすることで、ドキュメントの作成漏れを防止できます。

■文書の二次利用がスムーズに行えます

  • 案件に関わるドキュメントが一元管理されます。
  • ワークフローに沿って文書を管理しているので、目当てのドキュメントを探しやすく、前後工程の成果物も、参考資料として容易に入手できます。
  • 案件名や案件の概要、文書の種別など、電子帳票上に登録されている情報が検索キーとして活用できますので、探している情報をピンポイントで検索することができます。
  • 良く使う検索条件を登録することができます。
  • 検索結果画面に、案件名や文書名、概要等を表示できるので、目当ての情報を容易に探し出せます。
ワークフローに沿って文書を一元管理

ワークフローに沿って文書を一元管理

お気軽にお問い合わせください

電話でお問い合わせ

東京
03-6716-0464
大阪
06-6374-9313
名古屋
052-955-0698

受付時間 9:00-17:30(土・日・祝除く)

メールマガジン購読申込み

「Daikin 開発プロセス改善 News」セミナー情報や新着事例をメールマガジンでご案内します。

購読申込み

ページの先頭へ