ビル管理サービス - 技術情報|ダイキン工業株式会社

ダイキン工業株式会社

Menu

Technology

DK-CONNECT BM 技術情報

ディーケーコネクト ビーエム

業務の省人化と建物の価値を高める
ビル管理サービス
「DK-CONNECT BM」の技術

DK-CONNECT BMは、ビル管理の省人化と、
建物所有者視点での価値向上の後押しができる
システムを目指し開発されました。
目標を達成することができる理由を、
技術情報を基にご説明します。

  • 型番があればOK
    設備情報の自動入力技術

    ダイキン独自のマスターデータ利用で、
    マニュアル確認の必要なしに設備仕様の確認が可能に

    Point

    設備台帳の運用では、従来より設備情報の入力・更新
    という作業コストが発生します。
    複数の建物を管理している場合においては、
    その作業コストも増加傾向にあります。
    DK-CONNECT BMでは、これらの設備台帳作成に
    かかわる更新作業コストを削減するために、
    システム上に型番を入力するだけで、対象設備の詳細
    情報がダイキンの独自サーバーから自動で取得すること
    ができる機能を搭載しています。
    これにより、手間がかかっていた設備台帳作りや、
    設備のマニュアルを参照にかかわる作業コストを削減
    することができます。

    ※2022年6月時点ではダイキン製の一部の空調設備の
    情報に限ります
  • LCC最小化を実現する
    点検周期予測技術

    3段階に分けた設備の使用頻度の計算で、
    正確な設備の稼働状況を取得し、最適な交換周期を試算

    Point

    設備修繕計画は、修繕項目別に設定した耐用年数から
    修繕周期を用いて作成することが一般的です。
    しかし、運転稼働時間が少ない設備では、過剰な修繕や
    予防保全を繰り返すことになり、コストの増加に
    つながります。
    DK-CONNECT BMでは、耐用年数を用いた修繕周期から
    予測した修繕計画に加えて、運転稼働時間から想定した
    任意の修繕周期を設定し修繕計画を作成できます。
    これにより、設備の維持管理費におけるライフサイクル
    コストの最適化をサポートします。

  • 建物管理の独自性に対応する
    ノーコード技術

    建物毎に異なる点検表を、プログラミングの知識が無くても、
    誰でも簡単にシステム上で作成できます

    Point

    DK-CONNECT BMには、プログラミングの知識やスキル
    が必要が無くても、ドラッグ&ドロップだけでカスタ
    マイズができるノーコード技術を搭載しています。
    これにより、建物ごとに異なる点検表を、難しい知識が
    無くても誰でも容易に作成することができます。

  • 空調機データ連携

    ダイキンの空調機と連携することで、
    エラー情報、点検情報を遠隔から取得できます

    Point

    ダイキンのIoTプラットフォームと連携することで、
    DK-CONNECTやKireiウォッチなどの設備監視データを
    DK-CONNECT BM上で一元管理を行うことが出来ます。
    これにより、不具合の早期発見や遠隔点検につなげる
    ことができ、業務効率の改善を後押しすることが
    できます。

    ※各種サービスとのデータ連携機能は利用料に含まれますが、
    利用には別途サービスの契約・工事が必要です。

IntroductionFlow

導入の流れ

  • 1

    お問い合わせ

    まずはお気軽に
    お問い合わせ
    ください。

  • 2

    お打ち合わせ

    初回利用時の
    ご要望について
    お伺いいたします。

  • 3

    お申込み

    お打ち合わせに
    沿った申込を
    いただきます。

  • 4

    利用開始

    申込の受領後に
    IDを送付
    いたします。

導入の流れ詳細はこちら

Mission

ミッション

未来発創をカタチに。
ダイキンのITソリューション

ダイキンのITソリューションは、”ものづくり”の現場で生まれ、
試行錯誤と改善を重ね、育ってきました。
イノベーションの閃きは、常に現場の中にあります。
また、さまざまな課題に対する答えは、ひとつではありません。
ダイキンは、お客様の現場の声に耳を澄まし、寄り添い、
たくさんのアイデアをカタチにするお手伝いをしたい。
そして、ダイキンはITソリューションのご提供をとおして、
お客様それぞれの「未来発創」をカタチにする
ご支援をしていきます。

Contact

お問い合わせ・無料デモ依頼・
資料ダウンロード

ソリューションに関するお問い合わせはこちら

資料ダウンロード お問い合わせ・デモ依頼
ページの先頭へ