ページの本文へ

製造業向けIT
  1. 製造業向けIT
  2. 製品
  3. SpaceFinder
  4. 仕様・稼働環境

SpaceFinder
仕様・稼働環境

動作環境

サーバー環境

OS Windows Server 2012 R2 SPなし(日本語 OS 64ビットのみ)
Windows Server 2016 SPなし(日本語 OS 64ビットのみ)
Windows Server 2019 SPなし(日本語 OS 64ビットのみ)
HTTP Server IIS 8.5
IIS 10.0
.NET Framework .NET Framework 4.6.2
.NET Framework 4.7
.NET Framework 4.8
Microsoft Office Office 2013、Office 2016、Office 2019 のボリュームライセンス
「Document Viewer」「電子押印ワークフロー」を使用する場合に必要です。
RDB SQL Server 2014(64ビット)
SQL Server 2017(64ビット)

クライアント環境

OS Windows 8.1
Windows 10(ビルドバージョン 1909から21H1 まで)
Webブラウザ Internet Explorer 11
Microsoft Edge
== 以下を行う際に必要になります。==
・Helpの参照
・SpaceFinderのインストール
・メール上のURLのクリックしてSpaceFinderへアクセス
.NET Framework .NET Framework 4.6.2
.NET Framework 4.7
.NET Framework 4.8
Microsoft Office Office 2013、Office 2016、Office 2019 のボリュームライセンス
「Document Viewer」にてOfficeファイル表示する設定となっているブランチにOfficeファイルを登録を行う機器に必要です。
画面サイズ 解像度 1024×768以上

推奨スペック

サーバー

CPU 2GHz(デュアルコア)以上の x64のプロセッサ
メモリ 6GB以上
ハードディスク インストール用10GB以上
このほか、保存するデータ分の空き容量が必要です。

クライアント

CPU 2GHz(デュアルコア)以上の32ビット(x86)プロセッサまたは64ビット(x64)プロセッサ
メモリ 4GB以上
ハードディスク 100MB以上
このほか、データ参照、保存、ダウンロード等で扱うファイルサイズ分の空き容量が必要です。

オプション

ビジネス・インテリジェンス(BI) SpaceFinderの帳票データを集計・分析し、レポートすることができます。
SDK/API 他システムと連携するためのインターフェース(API、画面モジュール呼び出し機能)です。
帳票データ一括登録 CSVファイルを利用して、SpaceFinderに帳票データを一括で登録できます。
Excel 入出力 SpaceFinderの帳票とExcelのセル情報を連携させ、データを入出力することができます。
シングルサインオン Active Directoryまたは社内ポータルのユーザー認証により、SpaceFinderへのログインを省略できます。
ユーザー・グループ情報一括登録 CSVファイルを利用して、ユーザー情報とグループ情報をSpaceFinderに一括で登録できます。
帳票データ一括出力 帳票検索結果で表示された帳票データと添付データ(ファイル、画像)を指定フォルダーに出力できます。
iPad用インターフェース SpaceFinderをiPad上で操作することができます。

他の製品・ソリューションは
こちらをご覧ください

お問い合わせ

メールマガジン登録

「ダイキン 製造業向けITソリューションNEWS」
イベント情報やものづくりブログなどお客様に役立つ情報をお届けします。

ページの先頭へ