ページの本文へ

製造業向けIT

工程設計(BOP)

製造工程をデータベース化、生産準備の効率化、量産立ち上げにかかるリードタイム短縮を実現。

工程設計(BOP)の悩み

  • 製造工程の情報が最新状態で残っておらず再利用しにくい
  • 工程設計が熟練技術者に依存した業務になっている
  • 設計変更の発生時、製造工程への影響特定に多大な手間がかかる

工程設計(BOP)の答え

  • 製造工程をマスター化し再利用、生産準備業務の効率化を実現
  • 熟練技術者のノウハウをデータベース化、技能伝承の仕組みを確立
  • 工程改善の結果をグローバルで共有し、スピーディに水平展開

システム利用イメージ

01BOPを活用した生産準備活動の推進

生産準備には、製品の設計知識だけでなく、設備、治工具、金型などの製造に関する知識が必要です。BOMをベースに工程情報を付加してBOPを構築。生産準備活動の効率化を実現します。

BOPを活用した生産準備活動の推進

02量産立ち上げのリードタイムを最短化

量産立ち上げ時の手戻りを減らし、リードタイムを削減するためには、設計と生産準備のコンカレントな業務推進が重要です。BOPにより、生産準備のフロントローディングを実現します。

量産立ち上げのリードタイムを最短化

03品質対応力をグローバルで強化

不具合や変更が発生した際、製品の設計情報だけでなく製造工程情報からも、問題の影響範囲特定が可能。グローバル生産においても、BOPにより品質対応力を向上させます。

品質対応力をグローバルで強化

上記を実現するソフトウェア

帳票・ワークフロー業務改革パッケージ

SpaceFinder

スペースファインダー

業務の記録を丸ごと
データベース化
ワークフローでプロセス遵守

ノーコードアプリケーション開発基盤

Smart Innovator

スマートイノベーター

業務アプリを
ノーコードで開発
企業内情報を有効活用

工程設計(BOP)に関するよくあるご質問

Q
工程データベースからQC工程表を出力できますか?
A

工程情報をエクセルに出力してQC工程表として利用できます。

イベント・セミナー

イベント:製造業発のITソリューション

ゲスト講演や弊社オリジナルコンテンツを通じて
業務改革やDX推進のポイントをご紹介いたします。

お問い合わせ

メールマガジン登録

「ダイキン 製造業向けITソリューションNEWS」
イベント情報やものづくりブログなどお客様に役立つ情報をお届けします。

ページの先頭へ