ページの本文へ

製造業向けIT

設備保全管理

設備に対する保全業務をシステム化し、保全活動を支援。機械トラブルをゼロ化し、安定した操業を実現。

設備保全管理の悩み

  • 突発保全が頻発、担当者の電話が鳴り止まない
  • 急なトラブル発生で高額な支出、生産中断のダブルパンチ
  • 高齢化が進む中、技能の伝承にも遅れ

設備保全管理の答え

  • 予防保全を徹底して推進、突発的なトラブルを未然防止
  • 保全業務をシステム化、熟練者のノウハウを組織で活用
  • 作業者の負担軽減と安定した操業の両方を同時に実現

システム利用イメージ

01システムで設備保全業務を一元管理

情報が散在していると、情報を集めるところから仕事が始まります。急にトラブルが発生したとき、これは致命的です。設備保全管理のシステム化により、業務がスムーズに進行します。

システムで設備保全業務を一元管理

02予防保全サイクルの確立

急なトラブルを未然に防ぐためには、予防保全が重要です。しかし、数多くの設備を管理する組織においては簡単なことではありません。システム化で予防保全サイクルの精度を高めます。

予防保全サイクルの確立

03状況の見える化とノウハウの共有化

設備保全は現場作業です。現場が結果であり、現場にノウハウが残ります。システム化によって、いつでもだれでも状況を把握し、ノウハウを獲得できる環境を構築します。

状況の見える化とノウハウの共有化

上記を実現するソフトウェア

帳票・ワークフロー業務改革パッケージ

SpaceFinder

スペースファインダー

業務の記録を丸ごと
データベース化
ワークフローでプロセス遵守

ノーコードアプリケーション開発基盤

Smart Innovator

スマートイノベーター

業務アプリを
ノーコードで開発
企業内情報を有効活用

設備保全管理に関するよくあるご質問

Q
設備や機器情報の関連性は自由にカスタマイズできますか。
A

拠点(事業所・工場・ライン)や工程に紐づけたり、階層構造を持つなど、自由にカスタマイズすることができます。

イベント・セミナー

イベント:製造業発のITソリューション

ゲスト講演や弊社オリジナルコンテンツを通じて
業務改革やDX推進のポイントをご紹介いたします。

お問い合わせ

メールマガジン登録

「ダイキン 製造業向けITソリューションNEWS」
イベント情報やものづくりブログなどお客様に役立つ情報をお届けします。

ページの先頭へ