ページの本文へ

製造業向けIT
  1. 製造業向けIT
  2. ソリューション
  3. 出荷・受入検査データベース

出荷・受入検査データベース

検査仕様と検査結果をデータベース化。検査業務をデジタルで運営し、製品品質のトレーサビリティも確保。

出荷・受入検査の悩み

  • 品質第一と納期厳守で現場は板挟み、品質の砦が瓦解寸前
  • 測定、記録、転記などのアナログ作業が多く効率化が進まない
  • 記録・データの不備や欠損が事業リスクに直結

出荷・受入検査の答え

  • 紙やエクセルへの記録を減らし、転記作業を徹底的に削減
  • システム上で記録から結果判定まで実施、検査業務を省力化
  • 製品情報と検査情報を一元管理し、トレーサビリティを確保

システム利用イメージ

01アナログ作業をデジタルで管理

測定結果を紙に記録、エクセルに転記して結果を判定、結果をシステムに入力するなど、検査業務はアナログ作業の介在で連続性が損なわれがちです。一連の流れをシステムで管理し効率化を実現します。

アナログ作業をデジタルで管理

02現場の負担を減らしながら品質と納期を両立

検査業務では多数の転記作業が発生します。転記の多さはミスを誘発し、工数を増加させます。転記作業をシステムで自動化。工数を減らしながら、転記ミスをゼロ化します。

現場の負担を減らしながら品質と納期を両立

03簡単に検査情報へアクセス

製品品質の妥当性を証明するためには、部品単位の検査情報を含めた品質情報の管理が必要です。製品情報と検査情報を一元管理しトレーサビリティを確保します。

簡単に検査情報へアクセス

上記を実現するソフトウェア

帳票・ワークフロー業務改革パッケージ

SpaceFinder

スペースファインダー

業務の記録を丸ごと
データベース化
ワークフローでプロセス遵守

ノーコードアプリケーション開発基盤

Smart Innovator

スマートイノベーター

業務アプリを
ノーコードで開発
企業内情報を有効活用

出荷・受入検査データベースに関するよくあるご質問

Q
受入検査結果をタブレットで入力したいのですが可能ですか?
A

SpaceFinderはiPad、Windowsタブレットでご利用頂けます。

Q
不適合品などの写真を撮影してデーターベースに取り込むことはできますか?
A

Webカメラなどで撮影したデータをそのまま電子帳票に貼り付けできます。

イベント・セミナー

イベント:製造業発のITソリューション

ゲスト講演や弊社オリジナルコンテンツを通じて
業務改革やDX推進のポイントをご紹介いたします。

お問い合わせ

メールマガジン登録

「ダイキン 製造業向けITソリューションNEWS」
イベント情報やものづくりブログなどお客様に役立つ情報をお届けします。

ページの先頭へ