ページの本文へ

製造業向けIT

海外工場支援

業務の標準化およびプラットフォームの整備により、海外拠点の垂直立上げ、マネジメント強化を実現。

拡大する海外拠点・海外生産における悩み

  • 現地ボトムアップによるQCD確保に限界
  • 優秀人材の輩出で国内現場は疲弊
  • 標準化が進まず、生産の振り回しを阻害

海外工場支援の答え

  • 業務を標準化しナビゲートすることで、垂直立上げを支援
  • グローバル全体の業務進捗を見える化し、マネジメント強化
  • 仕事に密着したIT化で、熟練技術者の技の移転を加速

システム利用イメージ

01海外拠点の新機種・ライン立ち上げ支援

新機種・ライン立上げ業務を標準化。国内マザーが進捗を把握し、グローバルでのマネジメント水準を強化します。成果物や実績データを共有して先行拠点の実例を検討に活かすことで、リスク抽出・対策の質とスピードを上げます。

海外拠点の新機種・ライン立ち上げ支援

02生産設備管理のグローバル統括

海外拠点を含む全拠点の設備投資(購入・メンテナンス)を効率的に統括できる仕組みを構築。設備投資の効率化とグローバル標準化を推進します。

生産設備管理のグローバル統括

03監査業務の効率化・各拠点のレベルアップ

複数拠点との煩雑なやり取りから解放され、スピーディーに各拠点の状態を把握。監査結果および改善活動の全社共有により、各拠点をモチベートし、互いに切磋琢磨する環境をつくります。

監査業務の効率化・各拠点のレベルアップ

上記を実現するソフトウェア

帳票・ワークフロー業務改革パッケージ

SpaceFinder

スペースファインダー

業務の記録を丸ごと
データベース化
ワークフローでプロセス遵守

ノーコードアプリケーション開発基盤

Smart Innovator

スマートイノベーター

業務アプリを
ノーコードで開発
企業内情報を有効活用

海外工場支援に関するよくあるご質問

Q
海外拠点との連携を図るにあたり、クラウド環境で利用することはできますか?
A

クラウド環境上で海外拠点連携しているお客様が多数ございます。利用における制限事項についてはお問い合わせください。

Q
海外工場とのやり取りにあたり、キャッチオール規制などの戦略技術輸出管理に適応できますか?
A

戦略技術の該非判定を自動化し、効果的な海外工場支援を実施することができます。

イベント・セミナー

イベント:製造業発のITソリューション

ゲスト講演や弊社オリジナルコンテンツを通じて
業務改革やDX推進のポイントをご紹介いたします。

お問い合わせ

メールマガジン登録

「ダイキン 製造業向けITソリューションNEWS」
イベント情報やものづくりブログなどお客様に役立つ情報をお届けします。

ページの先頭へ