ページの本文へ

製造業向けIT
  1. 製造業向けIT
  2. ソリューション
  3. 過去トラデータベース

過去トラデータベース

過去トラをデータベース化し、業務で使える仕組みを構築。

過去トラ活用の悩み

  • データが蓄積する一方、活用が広がらない
  • すぐに見たい情報を探し出せない
  • 過去トラ情報源が多様化、整理しきれず鮮度低下

過去トラ活用の答え

  • 過去トラをデータベース化し、組織横断で活用できる環境を整備
  • 業務プロセスに組込んで、タスクで使える仕組みをつくる
  • 定期的な見直し・アップデートで過去トラを育てる

システム利用イメージ

01データベース化による組織的な過去トラ活用

技術の高度化や事業のグローバル化に伴い、トラブルに対して事前に考慮すべき範囲が広がっています。ものづくりの上流段階から過去トラを参照し、開発プロセスを進めることが重要です。

データベース化による組織的な過去トラ活用

02業務の質と生産性向上

プロセス管理帳票に過去トラを組込むことで、タスク担当者に過去トラ参照を定着させます。個人に依存しない組織共通の知識として過去トラを業務に活用します。

業務の質と生産性向上

03過去トラのアップデート

過去トラは一度作ったら終わりではなく、日々蓄積するデータを利用して定期的にアップデートすることが重要です。データの集約・分析~過去トラ反映まで同一基盤で完結でき、効率的に過去トラを管理します。

過去トラのアップデート

上記を実現するソフトウェア

帳票・ワークフロー業務改革パッケージ

SpaceFinder

スペースファインダー

業務の記録を丸ごと
データベース化
ワークフローでプロセス遵守

ノーコードアプリケーション開発基盤

Smart Innovator

スマートイノベーター

業務アプリを
ノーコードで開発
企業内情報を有効活用

過去トラデータベースに関するよくあるご質問

Q
具体的に過去トラデータベースをどのように利用していますか。
A

DR、設計基準、べからず集、チェックリストやFMEA作成などで活用しているお客様が多くございます。

イベント・セミナー

イベント:製造業発のITソリューション

ゲスト講演や弊社オリジナルコンテンツを通じて
業務改革やDX推進のポイントをご紹介いたします。

お問い合わせ

メールマガジン登録

「ダイキン 製造業向けITソリューションNEWS」
イベント情報やものづくりブログなどお客様に役立つ情報をお届けします。

ページの先頭へ