ページの本文へ

製造業向けIT

生産準備管理

生産準備業務をシステム化し、量産立上げ活動をサポート、トラブルゼロの量産スタートを実現。

生産準備の悩み

  • 部門・拠点・取引先、関係者が多く進捗フォローで忙殺
  • 量産開始後も手戻りやトラブル対応が多数発生する
  • 現場、現物が最優先、工夫や苦労が組織知として残らない

生産準備の答え

  • 新機種立上げタスクを一元管理、関係者全員が最新の進捗を共有
  • 設計業務とシームレスに連動、手戻り要素を徹底的に潰しこむ
  • グローバルで生産準備のフロントローディングを促進

生産準備業務システム化のメリット

01システムで生産準備業務を一元管理

生産準備は生産ライン立上げのための工程計画や設備計画などのタスクが相互に影響し合う複雑な業務です。部門や拠点をまたがることによって複雑さが増します。計画・実績・成果物、最新情報に全員がアクセスできる環境を整備します。

システムで生産準備業務を一元管理

02量産開始後の手戻り/トラブル撲滅

生産準備の現場は、納期に追われ高負荷状態になりがち。品質低下リスクも高まります。設計段階からコンカレントに生産準備を進め続けることで、量産後を含めた手戻りとロスを防ぎます。

量産開始後の手戻り/トラブル撲滅

03知見活用しフロントローディング促進

生産準備は設計、試作などの前工程の影響を強く受けます。生産工程を意識した設計検討が重要です。生産準備業務で得られた知見を活用し、フロントローディングを促進します。

知見活用しフロントローディング促進

上記を実現するソフトウェア

帳票・ワークフロー業務改革パッケージ

SpaceFinder

スペースファインダー

業務の記録を丸ごと
データベース化
ワークフローでプロセス遵守

ノーコードアプリケーション開発基盤

Smart Innovator

スマートイノベーター

業務アプリを
ノーコードで開発
企業内情報を有効活用

生産準備管理に関するよくあるご質問

Q
生産準備の進捗はどのように確認できますか?
A

金型手配、設備計画などの個別タスクだけではなく、工程単位や部門単位など、プロジェクト全体を俯瞰して自由にビューを切り替えて進捗を確認することができます。

Q
製品種別や顧客ごとに作成成果物が異なりますが、一つのシステムに集約できますか?
A

製品カテゴリーに合わせて、プロセスやお客様指定の成果物フォーマットを自由に切り替えることができます。

イベント・セミナー

イベント:製造業発のITソリューション

ゲスト講演や弊社オリジナルコンテンツを通じて
業務改革やDX推進のポイントをご紹介いたします。

お問い合わせ

メールマガジン登録

「ダイキン 製造業向けITソリューションNEWS」
イベント情報やものづくりブログなどお客様に役立つ情報をお届けします。

ページの先頭へ