ページの本文へ

製造業向けIT

目的別BOM

部門ごと、業務ごとに最適化されたBOMシステムを構築。エクセル管理を脱出し、圧倒的な業務スピードアップを実現。

目的別BOMの悩み

  • 部門独自のローカルBOMが乱立している
  • データメンテナンスに膨大な時間と労力を費やしている
  • PLM/ERPへのカスタマイズ出費は耐えられない

目的別BOMの答え

  • 自部門の業務に最適なBOMアプリケーションの構築
  • 最新の構成情報はE-BOMから自動で連携
  • 4M変更が発生しても、抜け漏れ遅滞なく業務を推進

システム利用イメージ

01部門の業務をBOMベースで推進

生産準備や調達、保守などの業務でも構成情報は有用です。部品トラブルや部品の発注など、部品単位の仕事は多岐に渡ります。BOMベースで業務を推進し、圧倒的な効率化を実現します。

部門の業務をBOMベースで推進

02脱エクセル、現場が喜ぶシステムの実現

エクセルでの構成情報の管理は有効です。ただし、成果物や業務情報が分断されるため、最善の手段ではありません。BOMで情報を一元管理し、現場が使い易いシステムを実現します。

脱エクセル、現場が喜ぶシステムの実現

03抜け漏れ遅滞を発生させない仕組みの確立

システム化により可視化が進みます。部品×業務の組合せで作業の抜け漏れを防止します。また計画に対する遅れが発生しないよう、アラート機能を利用し徹底的にフォローします。

抜け漏れ遅滞を発生させない仕組みの確立

上記を実現するソフトウェア

帳票・ワークフロー業務改革パッケージ

SpaceFinder

スペースファインダー

業務の記録を丸ごと
データベース化
ワークフローでプロセス遵守

ノーコードアプリケーション開発基盤

Smart Innovator

スマートイノベーター

業務アプリを
ノーコードで開発
企業内情報を有効活用

目的別BOMに関するよくあるご質問

Q
目的別BOMは、どのような用途で利用されていますか?
A

生産準備BOM、コストBOM、環境安全BOM、サービスBOMなどでご利用いただいております。

イベント・セミナー

イベント:製造業発のITソリューション

ゲスト講演や弊社オリジナルコンテンツを通じて
業務改革やDX推進のポイントをご紹介いたします。

お問い合わせ

メールマガジン登録

「ダイキン 製造業向けITソリューションNEWS」
イベント情報やものづくりブログなどお客様に役立つ情報をお届けします。

ページの先頭へ