CG・コンテンツ制作
  1. CG・コンテンツ制作 TOP
  2. 製品
  3. Autodesk 3ds Max
  4. Autodesk 3ds Max 2019 最新バージョン

3Dグラフィックス統合ソフト Autodesk 3ds Max 2019 最新バージョン

最新バージョン

以前のバージョン一覧を見る

3ds Max 2019 新機能紹介

高度な木目マップ

  • 高度な木目は新しい手続き型マップです。
  • 木目テクスチャを生成するための、高度なカスタマイズが可能な方法です。
  • カエデ材、サクラ材、オーク材のプリセットが含まれています。
  • フィジカルマテリアルと緊密に連携するように設計されていて、粗さやバンプなどのマテリアル内で直接使用できる出力を生成します。
  • Arnold レンダラーおよびスキャンラインレンダラーで使用できます。
高度な木目マップ

ページトップへ戻る

OSL マップおよび Open Shading Language

  • Open Shading Language(OSL)マップというさまざまなプリセットマップが含まれている新しい OSL マップカテゴリを使用するか、または独自の OSL マップを開発することにより、3ds Max で OSL を利用できるようになりました。
  • 独自のシェーダを記述できます。
  • 既存の OSL シェーダをダウンロードして、使用できます。
  • ActiveShade に UI と作成されたマップの両方のダイナミック更新を表示できます。
OSL マップおよび Open Shading Language

ページトップへ戻る

シェイプのブール演算

  • シェイプのブール演算では、ブール演算を使用してスプラインを新しいシェイプに結合できます。
  • 3D ブール演算の UI と似ています。
  • 作成された頂点に対して動的な面取り/フィレットを行います。
  • 閉じたシェイプと開いたシェイプで機能します。
  • 平面図、モーション グラフィックス、および開始プリミティブとしてスプラインを使用するすべてのオブジェクト/ワークフローを作成する場合に便利です。
シェイプのブール演算-01
シェイプのブール演算-02

ページトップへ戻る

共有ビュー

  • 共有ビューでは、任意のユーザとモデルをオンラインで共有し、フィードバックを受け取ることができます。
  • モデル全体または選択範囲を 3ds Max から直接パブリッシュできます。
  • デザインをブラウザに簡単に表示して、共有することができます。
  • コラボレータは URL を使用できます。ソフトウェアのインストールは不要です。
  • 自分にとって重要なものを特定できます。
  • スクリーンショットをキャプチャして、電子メールやプレゼンテーションで使用できます。
  • 3ds Max から直接、または Webブラウザを介してコラボレーションフィードバックにアクセスできます。
共有ビュー

ページトップへ戻る

3ds Max Interactive

  • 新しいレベルビューポート VR を使用して VR を編集できるようになりました。これにより、VRヘッドセットを使用して、自分のレベルをバーチャルリアリティ内で開始および編集することができます。
  • スマート配置ツールを使用すると、レベルビューポートで作業するときや、VR でシーンを編集するときに、新しい直感的な方法でオブジェクトを正確に配置することができます。
  • ライブ変換トラッキングモードは、3ds Max と 3ds Max Interactive 間で変換コントロールを同期します。
  • 3ds Max のフォトメトリックライト が 3ds Max Interactive に物理ライトとして読み込まれるようになりました。関連付けられたすべての IES ファイルも読み込まれます。
  • 新しい、柔軟性の高い VRデスクトップテンプレートを Oculus または HTC Viveシステムで使用できます。
3ds Max Interactive

ページトップへ戻る

Alembic ファイルの読み込みと書き出し

Alembic ファイルに対する改善点には、静止ジオメトリまたはアニメートされたジオメトリの読み込みや書き出しを行うときに 3ds Max と他の DCC ツール間でさまざまなチャネルデータを保持する機能、バージョン 1.5.5 のサポート、エラーの修正、レイヤ名、マテリアル名、オブジェクトのプロパティ、頂点カラー、および速度データのサポートが含まれます。

ページトップへ戻る

レンダリング可能なスプラインモディファイヤ(Renderable Spline Modifier)

レンダリング可能なスプラインモディファイヤ(Renderable Spline Modifier)で、閉じたスプライン上のベジェハンドルを調整した後に最初の頂点と最後の頂点の間に作成されるツイストを修正し、キャップ(四角形キャップ、セグメント数、キャップの丸めなど)をコントロールできるようになりました。

ページトップへ戻る

プロジェクトフォルダ

最近使用したプロジェクトに基づいて新しいプロジェクトフォルダを作成したり、既定の構造を使用して標準のプロジェクトフォルダを作成したり、既存の構造または階層のない空のプロジェクトを作成したりできるようになりました。また、現在のプロジェクトフォルダが[プロジェクト](Project)サブメニューに表示されるようになり、[ユーザパスの設定](Configure User Paths)ダイアログボックスでアクティブなプロジェクトフォルダを設定できなくなりました。

ページトップへ戻る

ソフトウェアのセキュリティ

実行可能コードおよび MAXScript ファイルがデジタル署名付きとなったため、ソフトウェアのセキュリティが向上します。さらに、オートデスクのベストプラクティスおよび署名付きスクリプトの検証に従って、ソフトウェアのセキュリティを高めることができます。

ページトップへ戻る

新規 / 更新

ユーザータイプ

サブスクリプション期間

価格

該当する商品がありません。

  • シリアル番号がご不明の場合は「不明」と記載してください。
  • 数量はカート内でご入力ください。

保守プランを購入する

保守プランからサブスクリプションの切り替えをする

ダイキンCG オンラインショップ ショップ限定オリジナル特典 お得なキャンペーンも開催
ダイキンCGオンラインショップ Autodeskサブスクリプション ご購入者様限定特典 セミナー映像アーカイブ ここでしか見られない技術セミナー・事例セミナー 映像や資料が満載! Tipsも多数掲載!
SUITE USERS NOTES
CG業界ニュースサイト Daikin CG Web Channel 最新制作事例 セミナー/展示会レポート

お気軽にお問い合わせください

カタログ請求・
お問い合わせフォーム

03-6716-0477

電話受付時間:9:00~17:30(土・日・祝日休み)

メールでのお問い合わせ

ご購入後のインストール、操作方法などのお問い合わせ

Autodesk製品サポートリクエストフォーム

Daikin CG Products News 購読申込み

お得なキャンペーンやセミナー情報、最新の製品情報をメールマガジンでご案内します。

ページの先頭へ