ページの本文へ

分子ソフト&インフォマティクス
分子&インフォマティクス

分子モデリング・
シミュレーションソフトウェア
Materials Studio

3分で完了!
まずは簡単資料請求!

3分で完了!
まずは簡単資料請求!

WEBで資料請求!


Materials Studio 紹介ビデオ公開中

QSAR

化学材料探索のためのワークフローソリューション(構造活性相関)

QSARは化学材料探索のためのワークフローソリューションの一つであり、最適な物理化学特性をもつ化合物の発見に大変実用的な方法です。QSAR手法のMS Modeling環境への統合により、広範な分子記述子の使用と多様な解析手法へのアクセスが可能となります。

QSARは、デスクトップでの高品位材料探索を可能とし、以前より遥かに多数の研究者に活用されるようになってきました。10年以上ものQSAR導入の実績を基にして、アクセルリスは、材料化学業界の研究者が必要とする設計、使用、機能の一群を提供します。

QSARは個々の研究者がワークフローに沿って新規材料探索を行うことができます。たとえば材料分子構造と実験データを入手することから開始します。それから構造を検証して分子記述子を計算します。その後、初期データ解析を行います。たとえば基本的な相関解析などです。この初期データ解析がすでに分子特性と実験データの関係性を示唆していることもあります。これに基づき、QSARモデル構築に進みます。モデル構築/検証を行い、ユニークな遺伝的アルゴリズムを活用しながら、QSARモデルの詳細を見出します。必要に応じてモデル構築前にデータ分割を行うこともあります。構築したQSARモデルを使用して、次の候補化合物分子の特性予測を行います。これら候補は予測物性値によりサブセットに分けることができます。これでリード構造が得られました。これらに基づいて実際に合成を行うもの、あるいは購入できる場合は購入するかどうか、を意思決定行います。その後の確認実験によりこれら材料分子の適性が確認されます。必要に応じて、この結果に基づいてナレッジベースを更新し、所望の物性を達成するまで、もう一度前述のワークフローに立ち返ることができます。

QSARでは、単一のスタディテーブルに実験内容を取りまとめ、分子構造と特性値を統合管理することができます。分子記述子はあらゆる物理化学物性を提供し、ユニークな遺伝的アルゴリズムと共用されることで、他に比較しえないQSARモデル構築能力を提供します。この統合されたデータ可視化・管理・解析により、QSARは材料探索における有力な手法の一つになります。

QSAR画面

お気軽にお問い合わせください

電話でお問い合わせ

東京(担当:SCグループ)
03-6716-0460

受付時間 9:00-17:30(土・日・祝除く)

メールマガジン購読申込み

「Daikin 分子シミュレーション News」分子シミュレーションソフトの最新情報やユーザー様が作成された論文をご案内します。

購読申込み

ページの先頭へ