TOP > 製品 > Autodesk MotionBuilder > Autodesk MotionBuilder 2015

Autodesk MotionBuilder

MotionBuilder 2015 新機能紹介

Autodes MotionBuilder2015が、手頃なコンシューマレペルのモーションキャプチャデバイスのサポートと、一般的に必要とされるアニメーションの動作のライブラリにより、高品質のアニメーション制作を実現します。
加えて、新しい先進的なカメラオプションにより、実世界の映画撮影術を容易に模倣して、監督の作品の意図をより適切に反映することができます。また、マーカークラウド内でキャラクタの位置を調整できる機能により、キャプチャしたデータをより柔軟にCGターゲットにマップできます。

コンシューマレベルのモーションキャプチャデバイスのサポート

柔軟な新しいプラグインにより、一般によく使われているコンシューマモーションキャプチャデバイスMicrosoft Kinectを使用して、簡単にボディパフォーマンスをキャプチャし、それらを使用してMotionBuilderのキャラクタを動かすことができます。Kinectは現在、Windowsオペレーションシステムに対応しています。MotionBuilderインターフェースを使用して、他にも同様の特定のデバイスのサポートを追加できます。

 

MicrosoftのKinect用デバイスをサポート

MicrosoftのKinect用デバイスをサポート

新しい先進的なカメラオプション

2つの新しいカメラ機能により、MotionBuilderで実世界の映画撮影の要素を再現し、監督の作品の意図をより簡単に反映することができるようになりました。
アニメーション可能なDepth of Field は、実際のカメラでの絞りの変更を模倣するのに役立ち、ビュー内の焦点の合っているオブジェクトの範囲に影響を与えます。FollowFocusオプションを使うと、カメラの焦点をシーン内の特定のオブジェクトに固定でき、カメラとの距離が変わっても焦点を合わせたままにできます。

モーションクリップのライブラリ

MotionBuilder 2015には、AutodeskFBXアセット交換フォーマットの便利な100個のアニメーションが含まれています。アーティストはそれらを組み合わせたり、ブレンドしたり、重ねたりして、シーンのブロッキングやブリピズを短時間で行えます。または開始点として使用し、そこから微調整することもできます。 動作はシナリオでよく出てくるものに対応するように選択されており、歩く、走る、ジャンプする、這う、落ちる、格闘する、待機状態といったカテゴリに加え、家具や武器が関係する動作も含まれます。

 

プレビズ制作に便利なモーションクリップのライブラリを117種類も標準サポート

プレビズ制作に便利なモーションクリップのライブラリを標準サポート

より柔軟なマーカーの割り当て

マーカーを割り当てた後でも、キャラクタの位置をマーカークラウド内で調整できるようになりました。オリジナルアクターとは異なるプロポーションのCGキャラクタなどにも、キャプチャしたデータをより柔軟にマップできます。

 

フレキシブルモーキャプで制御しながらスケルトン角度の調整が可能

フレキシブルモーキャプで制御しながらスケルトン角度の調整が可能

  • ダイキンCGのオンラインショップ 送料はダイキンが負担します!
  • カタログ・資料請求
  • いつでも3%OFFになるプレミアムクラス登場
  • CG業界ニュースサイト Daikin CG Web Channel
  • オンラインショップご購入特典 過去セミナー資料閲覧サイト開設
  • 体験版
  • メールマガジン
  • Softimage UsersNotes
  • ユーザー事例

    株式会社IMAGICA
    クリエイティブサービス部 様
    リアルタイムプレビューを活用し、高精度なプリビズ映像を短期間で作成。監督の制作意図を可視化・共有することで、CG制作の効率化を実現。
    • 製品に関するユーザー事例はこちら
  • サポート

    ご購入後のインストール、障害、操作方法、仕様確認など

    • Autodesk 製品サポートリクエストフォーム
    • 製品サポートページはこちら