建設業務改善ソリューション

建設業の品質と安全を情報活用で高度化するプラットフォーム

ダイキンの建設業務改善ソリューションは、業務に関わる様々な情報をケース毎に最適な形で蓄積するとともに、目指す姿に応じた活用方法をご提供いたします

建設業の品質と安全を
情報活用で高度化するプラットフォーム

 時代が進むにつれて、ステークホルダーから建設会社への要求は高まるばかりです。特に、現代の情報社会における、1つの品質・安全問題がもたらす企業経営へのインパクトは計り知れません。株主のための利益創出や顧客満足度の向上、環境への取り組み等と合わせて、この品質と安全の高度化というテーマは重要視され続けています。

 この高度化を実現するための1つの手段がデジタル情報の活用です。業務で発生した情報を蓄積し、活用することで、業務の標準化や効率化が進むことが解決の一手となります。例えば、ベテラン社員のノウハウの詰まった安全業務に関わる情報をデジタル化して蓄積し、若手社員の業務改善に活用することで、全社的な安全業務の標準化につなげることが出来ます。

 ダイキンの建設業務改善ソリューションは、そのような業務に関わる様々な情報をケース毎に最適な形で蓄積するとともに、目指す姿に応じた活用方法をご提供いたします。

維持管理

品質・安全業務におけるデジタル化のポイント

【1】再利用を前提とした、情報を確実に整理した状態で蓄積  × 共有フォルダにファイルを置いても誰も使えない
【2】入力手間なく、ルールを厳守させる運用  × 不便で使われないシステム、では無駄な投資に
【3】業務フロー改善と合わせて、費用発生なくシステムを改修  × システム改良の経費を理由に、業務改善をSTOPさせない
【4】段階導入から拡張性まで検証→スモールスタート→全社展開  × いきなりの高額投資は稟議NG。実績を作って本運用へ
【5】きめ細やかなセキュリティ制御  × 単純なアクセス制御ではなく、会社・部門毎の細かいルールへ対応

永続的な業務改善を実現する”エンドユーザーコンピューティング”

当社が目指すのは、特別なスキルを必要とせず、WordやExcelと同じようにお客様自身が業務改革の道具としてご活用いただけるITシステムの姿です。業務改革のアイデアや閃きは、日々の仕事を通じて現場に宿るもの。現場自身が業務システムを構築できたほうが良いに決まっています。さらに、業務改革は継続的に変化するプロセス。その度にシステムの改修を外部に依頼していたのでは、変化への対応が遅れ、やがて使われなくなったり、改革の足かせとなってしまいます。ダイキンのソリューションは部品をドラッグ&ドロップすることで電子帳票/ワークフローを簡単に作成でき、システム稼動後でも簡単に改修が可能。特別なスキルを必要とせず短期間に立ち上げられる点は、お客様から高い評価いただいています。「入社1年目の社員でも1回トレーニングを受けただけで開発でき、開発のやりやすさを実感しました」というコメントがあったり、自社で数十の業務システムを構築されているユーザー様もいらっしゃいます。「真のエンドユーザーコンピューティングを実現できる」という言葉もユーザー様からいただいています。

建設業の品質取り組み

大きくは、2つの取り組みに分けられる。
・不具合を防止するための取り組み
・不具合発生後の取り組み
各取り組みにおける、情報を共有・蓄積・活用の仕組みが必要となる。

建設業の品質取り組み

ダイキン 建設業務改善ソリューション お問い合わせ

お気軽にご相談ください。

お電話でのご相談

ダイキン工業株式会社 電子システム事業部 営業部
〒108-0075 東京都港区港南2丁目18番1号JR品川イーストビル
平日:月~金 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日休)

ページの先頭へ