ページの本文へ

設備CAD

空調・衛生・電気 三設に対応する設備CAD「FILDER Cube」

セミナー開催情報

クラウドとBIMを活用したダイキンが目指す新しい空調設計
~熱負荷計算から機器、配管選定まで設計自動化~
【大阪会場】

日時
2019年7月18日(木)14:00~16:30
会場
梅田センタービル 16F
大阪市北区中崎西二丁目4番12号

詳しくはこちら

出展情報一覧

新着情報

展示会出展情報

展示会出展一覧

製品リリース

  • IT導入補助金2019のご案内。IT導入補助金を活用して業務効率化CADを導入しませんか
  • 建築設備CAD FILDER Cube フィルダーキューブ ビュアー 無料 ダウンロードお申し込み
  • 空調・衛生・電気設備CAD FILDER Rise フィルターライズ ビュアー 無料ダウンロードお申し込み
  • 無料体験版 電気設備CAD FILDER Cube フィルダーキューブ 電気 お申し込み
  • 操作FAQ よくあるご質問
  • ダイキン設備CADユーザー登録
  • ナビダイヤル変更のお知らせ
  • Smart SME Supporter

ダイキン設備CAD FILDER Cubeとは

空調、電気、衛生、All in ONE CAD

一棟まるごと作図・BIM対応設備CAD

設備CAD「FILDER Cube(フィルダーキューブ)」は、BIM対応最新設備CAD。最新の3Dエンジンを搭載しリアル3D画面での編集が可能です。フラットデザインインターフェースを採用し、WordやExcel感覚のやさしい操作性により設備CADが初めての方でも使いこなせます。スタディレスな操作を可能にする「ワープ機能」は、図面上の部材をクリックするだけで同じ属性で即座に作図をスタートできます。手元で数値入力できる「ミニツールバー」などにより、マウス移動を極限まで削減し快適な操作性を実現しています。64bitネイティブ対応でPCの能力をフルに活用。大規模図面、複数図面をひらいての作業もラクラク。空調設備設計・給排水衛生設備設計・電気設備設計に最適な最新の設備CADです。

ライセンスを複数人で利用できる

ダイキン独自のCADライセンスシェアリングによりコストを削減!
ダイキン独自のライセンスシェアリング(特許取得)により、1つのライセンスを複数人で使いまわせます。設備CADのライセンスコストを極力抑え、技術者全員で設備CADを使うことが可能です。

設備CADとは

建築設備CADとは、建築設備という専門分野に特化した専用CADで、空調・衛生・電気設備業の設計・施工業者に多く使われています。 汎用CADに比べて設備設計機能や設備機器および部材データーを標準装備し、設計・施工図作成に集約特化した機能が数多く搭載されております。 作図時間を短縮でき、さらにデータを二次利用、三次利用できます。

CADで書いた図面から機器・部材などの材料集計や機器表作成、さらに見積書作成や材料表などへ簡単に活用する事が出来ます。前出の機器や部材がデーターベース化されており、平面図以外に立面からの作図編集が可能です。また、最近注目されている3次元ビュー(3D表示)にも対応しているものも多く存在します。AutoCADやJw-cadなどの汎用CADの上流に位置し、それらの図面データ形式にも幅広く対応しているCADとなります。ダイキンの建築設備CAD「FILDER Cube」「FILDER Rise」には、レベルの高いデータ互換と作図機能のほか、技術計算機能、材料拾い機能や機器表作機能、リアルタイム3Dなど設備技術者を支援する専用機能が搭載されています。

ダイキン設備CAD Facebook

ダイキン設備CADチャンネル YouTube

FILDER Cube daikin YouTubeを見る 新しいタブで開きます

ご購入前のお問合わせ

カタログのご請求、ご購入前のご相談は、こちらのフォームよりお問合せください。
お電話でのご相談はお近くの拠点へ、お気軽にご相談ください。

ご購入のご相談

ダイキン工業株式会社 電子システム事業部 営業部
平日:月~金 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日休)

東京
MAP
大阪
MAP
名古屋
MAP
福岡
MAP

設備CAD/BIMソリューション

製品情報

建築設備CAD

  • FILDER Cube
  • FILDER Cube 電気
  • FILDER Rise
  • FILDER Rise 電気

ライセンス

  • ライセンスシェアリング

BIMソリューション

  • BIMソリューション

ビューア

  • FILDER Cube ビューア
  • FILDER Rise ビューア

設備CAD活用のご提案

関連サイト

ページの先頭へ