ページの本文へ

BIMソリューション
  1. 設備CADトップ
  2. BIMでRebro活用のメリット

BIMでRebro活用のメリット

BIMでRebroを活用するメリット

BIMでRebroを活用するメリットイメージ図

メリット1 他ソフトとのシームレスな連携

BIMモデル作成の際にネックとなるのが、ソフトウェア間でのデータ連携。数多くのステークホルダーとデータをやりとりする建設現場において、他ソフトとのデータ互換性が求められます。Rebroは、そういった課題にお答えできるように、市場で多く利用されているソフトとの連携を強化しています。ダイキン空調設計支援ソフト「DK-BIM」をはじめ、建築CADや積算ソフト、シミュレーションソフトなど、専用アドインを多く用意しております。

メリット2 BIM物件での多くの実績

RebroはBIM黎明期から、BIM対応設備CADとして、お客様の声をいただいて多くの機能を搭載してきた結果、設計、施工、部材加工、FM(ファシリティマネジメント)など様々なシーンでご利用いただいております。

事例 Rebro導入ユーザー事例

Rebro導入事例ページ(株式会社NYKシステムズ) 新しいタブで開きます

メリット3 「DK-BIM」と連携した空調設計効率化

Rebroはダイキンが開発した空調設計支援システム「DK-BIM」と連携して、空調設計の効率化を実現しています。DK-BIMで熱負荷計算、機器選定した結果を取り込み、自動で3Dモデル上に機器をプロットすることができます。今後は、配管作図自動化など、さらなる機能向上を目指しています。

BIMソリューションに関するお問合わせ

カタログのご請求、ご購入前のご相談は、こちらのフォームよりお問合せください。
お電話でのご相談はナビダイヤルへ、お気軽にご相談ください。

お電話でのご相談

ダイキン工業株式会社 電子システム事業部 営業部
平日:月~金 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日休)

ナビダイヤル 0570-023800

設備CAD/BIMソリューション

製品情報

建築設備CAD

  • FILDER CeeD
  • FILDER CeeD 電気
  • FILDER Cube
  • FILDER Cube 電気

ライセンス

  • ライセンスシェアリング

BIMソリューション

  • BIMソリューション

ビューア

  • FILDER CeeD ビューア
  • FILDER Cube ビューア

設備CAD活用のご提案

関連サイト

ページの先頭へ