ページの本文へ

BIMソリューション
  1. BIMソリューショントップ
  2. セミナー・展示会出展情報一覧
  3. 【BIMセミナー東京】2019年5月16日(木)開催

【BIMセミナー東京】2019年5月16日(木)開催

この展示会は終了しました

クラウドとBIMを活用したダイキンが目指す新しい空調設計

~熱負荷計算から機器、配管選定まで設計自動化~

BIMソリューションセミナーイメージ
日時

2019年5月16日(木)
14:00~16:30(13:00開場)

会場

ダイキン工業 セミナールーム
東京都港区港南2-18-1 JR品川イーストビル

アクセスはこちら

入場料

無料

セミナー資料お申し込み

内容
タイトル

クラウドとBIMを活用したダイキンが目指す新しい空調設計
~熱負荷計算から機器、配管選定まで設計自動化~

概要

2009年ごろに日本で「BIM元年」と言われ始めて10年の月日が経ちました。

建設業界は、東京五輪などの好景気に後押しされて大変活況な一方で、BIM活用については各社での様々な取り組みが進みつつあるものの、BIMデータの活用によって得られた結果に乏しいのが現実です。

ダイキン工業は空調機メーカー、また設備CADメーカーとして、「お客様にメリットを提供できる」BIMの活用を実現するために取り組んできました。

昨年、空調設計業務の省人化を実現するために、空調設計支援ツール「DK-BIM」をリリースし、BIMデータを活用した熱負荷計算から機器選定までの自動化ができるようになりました。

またDK-BIMと、2019年2月に業務提携したNYKシステムズ社が開発したBIM対応設備CAD「Rebro」との連携を強化することで、さらなる空調設備設計業務、空調設備施工業務の効率化を目指しています。

本セミナーでは、その取組み内容をNYKシステムズ様ご協力のもとでご紹介し、ダイキンが目指すこれからの空調設計施工におけるBIM活用についてお話いたします。

プログラム内容

1ダイキン工業のBIMに関する取り組みご紹介

スピーカー ダイキン工業株式会社電子システム事業部

2クラウド空調設計支援ソリューション「DK-BIM」を活用した空調設計自動化

スピーカー ダイキン工業株式会社空調営業本部BIM推進プロジェクト リーダー 廣澤

3BIM対応設備CAD「Rebro」によるBIMモデルの活用

スピーカー 株式会社NYKシステムズ

  • 内容については予定であり、変更になる可能性があります。
  • 掲載されている社名・商品名などは、各社の商標または商品名です。
日時

2019年5月16日(木)14:00~16:30(13:00開場)

  • 受付が混雑する可能性がございます。お時間に余裕をもってご来場ください。
会場 ダイキン工業株式会社 東京支社 10F セミナールーム
〒108-0075 東京都港区港南2-18-1 JR品川イーストビル 10F

アクセスはこちら

定員 50名 → 100名(定員となりました
対象 設計事務所や建築施工業者などの建物設備の設計施工管理に従事する方々
備考 当セミナーは参加対象を限定させていただいております。
対象者以外の方(空調機メーカー、設備CADメーカーや販売会社などの同業者)に関しましては、お断りさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。
お問い合わせ ダイキン工業株式会社 電子システム事業部 営業部
ナビダイヤル:0570-023800
9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日休)

定員となりました/BIMセミナー資料お申し込みはこちら

BIMソリューションに関するお問合わせ

カタログのご請求、ご購入前のご相談は、こちらのフォームよりお問合せください。
お電話でのご相談はナビダイヤルへ、お気軽にご相談ください。

お電話でのご相談

ダイキン工業株式会社 電子システム事業部 営業部
平日:月~金 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日休)

ナビダイヤル 0570-023800

設備CAD/BIMソリューション

製品情報

建築設備CAD

  • FILDER Cube
  • FILDER Cube 電気
  • FILDER Rise
  • FILDER Rise 電気

ライセンス

  • ライセンスシェアリング

BIMソリューション

  • BIMソリューション

ビューア

  • FILDER Cube ビューア
  • FILDER Rise ビューア

設備CAD活用のご提案

関連サイト

ページの先頭へ