CG・コンテンツ制作
  1. CG・コンテンツ制作トップ
  2. DAIKIN CG Channel
  3. ゲーム開発者視点による、Rig制作ツールmGearの機能紹介 ~実践編~(セミナー会場)

DAIKIN CG Channel
セミナー

オンデマンドセミナー会場

ダイキンCGユーザー限定
ゲーム開発者視点による、Rig制作ツールmGearの機能紹介 ~実践編~

ゲーム開発者視点による、Rig制作ツールmGearの機能紹介 ~実践編~

一般公開期間:2021年4月19日(月)11:00~4月30日(金)15:00【無料:申し込み制】
一般公開は終了しました。

セミナー内容

  • ゲーム用人型キャラクター Rig について(約30分)の画面

    Part1
    ゲーム用人型キャラクター Rig について(約30分)

    • 人型、四足 Guideテンプレートについて
    • APose,TPoseについて
    • ゲーム用キャラクター階層構造について
    • mGearのIK設定について
  • ゲーム用人型キャラクターRigについて(約20分)の画面

    Part2
    ゲーム用人型キャラクターRigについて(約20分)

    • ゲーム用途で変更したRig設定
    • ゲーム用途で追加したRig設定
    • ゲーム用途で使えそうな新たなコンポーネント
  • Rig生成後の調整について(約20分)の画面

    Part3
    Rig生成後の調整について(約20分)

    • mGearJointの位置の調整
    • その他の設定の追加や修正

おすすめポイント

  • 実際にゲーム開発で使えるRig作成を紹介。
  • テクニカルアーティストやリガー、アニメーターの方、必見!
  • ゲーム開発を手掛ける株式会社ヘキサドライブRitaro氏ご講演。

Autodesk Mayaで動作するRig作成ツール mGearについて、ゲーム開発者視点で解説します。
V3.7.8版では、ゲーム開発用途に使える様々な機能が増えました。それらを踏まえて実践で使えるRig作成をご紹介します。当セミナーで、mGearを深く理解し、便利に使えるようになって頂けると幸いです。

2021年3月に配信された「ゲーム開発者視点による、Rig制作ツールmGearの機能紹介~基礎編~」の続編となります。2021年5月に「応用編」を配信予定です。

◆ 使用ソフトウェア

Autodesk Maya 2020、mGear 3.7.8、Unreal Engine 4.26.1

◆ 参考リンク

セミナー(一般公開)レポート

《 講師 》

Ritaro 氏

株式会社ヘキサドライブ
テクニカル・アーティスト

Ritaro 氏

《 満足度・参加者コメント 》

アンケート結果01
セミナー満足度01

mGearの細かい調整の仕方が丁寧に説明されていてとても理解が進みました。

丁寧で大変わかりやすかったです。可能ならセミナー動画が欲しいくらいです。

mGearの実践的な使い方を聞けたのは大変貴重でした。

ちょうどmGearの検証をしているタイミングだったので、非常に勉強になりました。

リグ生成後のコントローラ/骨位置の調整が非常に参考になりました。

丁寧に手順を説明していただけたので、とても分かり易かったです。

Profile

Ritaro氏

株式会社ヘキサドライブ

テクニカルアーティスト

Ritaro 氏

初投稿から14年目を迎えるSUITE USERS NOTES ウェブページの発起人の1人
ゲーム業界歴20年以上。

《 扱うソフト 》

Softimage|3D、XSI、Maya、3ds Max、MotionBuilder(FBX)、Houdini、Unity、UE4

《 開発経験 》

  • システム基盤用アーケードゲーム開発(テーブル型/アップライト/体験型)
  • 家庭用ゲーム開発(据え置き型/携帯型/展示会用/VR)
  • エンターテイメント用映像開発(4号機~)
  • モバイルゲーム開発(イベント型/運営型/VR)

《 近年の登壇経験 》

  • ダイキンCGセミナー「ゲーム開発者視点による、Rig制作ツール mGear 4.0系の新機能紹介」
  • CGWORLD 2022 クリエイティブカンファレンス 「タワーオフェンス型ゲームVOIDCRISIS(ボイドクライシス)におけるUnrealEngine4を使ったロボットアートの実装とアニメーション開発について」
  • Unreal FEST WEST '22 「かっこいいメカのCo-opタワーオフェンスゲームを作ってみた;VOIDCRISIS開発事例」
  • TA Night 「シェーダー ~TA初心者の為のシェーダー講座~」
  • ダイキンCGセミナー「ゲーム開発者視点による、Rig制作ツール mGear の機能紹介(基礎編、実践編、応用編)」
  • ダイキンCGセミナー「ゲーム開発者視点による、Maya2020 & MotionBuilder2020新機能紹介」
  • ダイキンCGセミナー「ゲーム開発者視点による、MotionBuilder2020のツール配信ワークフロー」
  • CEDEC 2020「リギング・クロスオーバー~ゲームと映像、それぞれのリグ制作事例」
  • CEDEC 2020「ゲームコンセプトをアクションから考える!~ PS4「MONKEY KING ヒーロー・イズ・バック」のアニメーションの取り組み ~」
  • GTMF2019「最新 Unity FBX Exporter + Timeline の Maya / MotionBuilder ワークフロー」
  • GTMF2018「Maya TimeEditorからUE4 SequencerへのワークフローとUE4のToon考察」
  • GTMF2017「Maya タイムエディタ を使ったアニメーションワークフロー」
  • CG-ARTS「UE4のSequencerを使った映像開発について~4K画像・ムービー・VRまで~」
  • DAIKIN SEMINAR 「Maya Tips & TimeEditor セミナー(詳細版)[東京/福岡/大阪編]」

株式会社ヘキサドライブ様 講演セミナー

お気軽にお問い合わせください

Daikin CG News お申し込み

CGクリエイター向けのセミナー・イベントやキャンペーン、製品情報をメールマガジンでお届けします。(登録無料)

Twitter

ページの先頭へ