CG・コンテンツ制作

3Dグラフィックス統合ソフト Maya|動作環境

Maya2022とPython3 最新環境のメリット、注意点

Maya2022の登場によりPython3が使用できるようになりました。Python3の追加機能、Python2,3共用コード作成ノウハウ、async/awaitを用いた非同期処理について紹介します。

動作環境

Maya 2022動作環境

  • Maya の最小限の Linux 動作環境が変更され、新しい Visual Studio と gcc バージョンがサポートされるようになりました。
  • Windows では、Visual Studio が 2019.7 に更新されました。Windows の動作環境は変更されていません。
  • Linux では、gcc が 9.3.1 に更新されました。Linux ユーザがこのプレビュー リリースを使用するには、CentOS 7. 6以降が必要です。また、Maya を実行するには、次の追加ライブラリがインストールされていることを確認する必要があります。
    • xcb-util-wm パッケージの libxcb-iccm.so.4
    • xcb-util-image パッケージの libxcb-image.so.0
    • xcb-util-keysms パッケージの libxcb-keyssysms.so.1
    • xcb-util-renderutil パッケージの libxcb-render-util.so.0
OS
ブラウザ オンラインの補足コンテンツへのアクセスには、次のウェブブラウザの最新バージョンの使用を推奨します。
  • Apple® Safari® Web ブラウザ
  • Google Chrome™ Web ブラウザ
  • Microsoft® Internet Explorer® Web ブラウザ
  • Mozilla® Firefox® Web ブラウザ
CPU 64 ビット Intel® または AMD® マルチコアプロセッサ、SSE4.2 命令セットを使用
M シリーズチップが搭載されている Apple Mac モデルは、Rosetta 2 でサポートされます。
グラフィックスハードウェア

推奨されるシステムおよびグラフィックス カードの詳しいリストについては、Maya 認定ハードウェア一覧表をご参照ください新しいウィンドウで開きます

RAM 8 GBのRAM (16 GB以上を推奨)
ディスク空き容量 インストール用に 6 GB のディスク空き容量
ポインティングデバイス 3 ボタンマウス
その他

オンラインライセンス認証を行うためにはインターネット接続環境が必要です。
サブスクリプションをご購入ご検討の方は、ネットワークへの接続確認を行ってください。

ネットワークへの接続確認(オートデスク社サイトへ)新しいウィンドウで開きます

  • サードパーティのハードウェアベンダーまたはソフトウェアベンダーが発行した、本ドキュメントで動作が確認されているとしたソフトウェアまたはハードウェア用(あるいは、ユーザがオートデスク製品と関連して使用する、その他のあらゆるサードパーティ製ソフトウェアまたはハードウェア製)のアップデート、エクステンション、または新リリースをインストールしたことによって発生した、オートデスクソフトウェアの不具合について責任を負いません。

ご購入はこちら

新規 / 更新

サブスクリプション期間

該当する商品がありません。

  • サインイン形式で製品をご使用の場合は、サブスクリプションIDを記載してください。
  • シリアル番号がご不明の場合は「不明」と記載してください。

保守プランからのスイッチ(更新)

お気軽にお問い合わせください

カタログ請求・
お問い合わせフォーム

03-6716-0477

電話受付時間:9:00~17:30(土・日・祝日休み)

メールでのお問い合わせ

ご購入後のインストール、操作方法などのお問い合わせ

Autodesk製品サポートリクエストフォーム

Daikin CG Products News 購読申し込み

お得なキャンペーンやセミナー情報、最新の製品情報をメールマガジンでご案内します。

ページの先頭へ