CG・コンテンツ制作
  1. CG・コンテンツ制作トップ
  2. 製品
  3. Autodesk Maya
  4. Autodesk Maya 2019 最新バージョン

3Dグラフィックス統合ソフト Autodesk Maya 2019 最新バージョン

【Autodesk】最新環境で効率アップキャンペーン

最新バージョンに切り替えて、業務を効率化しませんか? Autodesk製品のシリアル番号ご提出で、サブスクリプションが最大25%OFFでご購入いただけます。

最新バージョン

以前のバージョン一覧を見る

Autodesk Maya 2019 新機能紹介

今回のリリースは、新しいワークフローやパフォーマンス強化する数々の機能により、これまでよりも作業時間を短縮することに重点を置いています。

ビューポート 2.0(Viewport 2.0)に対する多数の改善点により、シーンのロードから、オブジェクトの選択、高密度メッシュの処理まで、あらゆる操作のパフォーマンスが向上します。

また、キャッシュされた再生機能を使うと、シーン全体をアップロードしないで変更点のみをインテリジェントに再描画できるため、アニメーションの変更内容を短時間でプレビューすることができます。これにより、ビューポート再生のパフォーマンスが大幅に向上し、シーンのプレイブラストを継続的に作成する必要がなくなります。

このリリースには、コンピュータのリソースが Maya でどのように使用されているのかを正確に追跡するための強力なツールが用意されています。評価ツールキット(Evaluation Toolkit)およびプロファイラ(Profiler)の新機能により、シーンの速度低下を引き起こす非効率性または問題が潜んでいる場所を正確に特定することができます。

レンダリングの設定(Render Setup)の改善により、レンダリングの設定(Render Setup)エディタでレンダー レイヤを色分けして分離したり、各レイヤ内にライトを既定で含めるかどうかをコントロールしたりして、レンダー レイヤを効率的に整理できるようになります。また、シーンのレンダー設定(Render Settings)および AOV(AOVs)の書き出しおよび読み込みに使用できるオプションが追加されました。

さらに、ビューポート内でも Arnold でレンダリングできるようになりました(Debug Shading(Debug Shading)、AOV(AOVs)、領域レンダリングなど、Arnold のすべての RenderView オプションを含む)。

アニメーション カーブを以前よりもすばやく、簡単に調整するのに役立つ、新しいグラフ エディタ フィルターが追加されました。

コンテンツ ブラウザ(Content Browser)に、モーション キャプチャ、モーション グラフィックス、キャラクターといったさまざまな領域に対応する多数のサンプルおよびプリセットが追加されました。 これらをそのまま使用するか、独自に作業するための出発点として使用してください。

キャッシュプレイバック

Autodesk Maya 2019 のキャッシュプレイバック機能は、アニメーターの作業方法に変化をもたらし、迅速に作業を進められるようになります。

  • キャッシュプレイバックは、新しく追加されたバックグラウンド処理です。アニメーターが作業中に加えたシーンの変更が、インテリジェントにキャッシュ保存されます。これにより、ビューポートでのアニメーションの再生が迅速に行えます。
  • アニメーターは、作成したアニメーションの評価にビューポートを使用できます。そのためプレイブラストの作成が必要となる場面が従来よりも低減します。
  • キャッシュプレイバックによって、アニメーションを 3D 環境でプレビューしながら変更していくことができるため、従来のジオメトリキャッシュや 2D プレビューより便利になります。
  • ユーザーは、シンプルなメニューで設定を調整し、ハードウェアのパフォーマンスを最適化することができます。
キャッシュプレイバック

美しい作業環境

Autodesk Maya 2019 のビューポート2.0 ではArnoldが更新され、ビューポート2.0 でのレンダリングが最終的なArnoldのレンダリング結果にさらに近づきました。アーティストは美しい作業環境で制作できます。変更内容がこれまでより確認しやすくなったばかりでなく、さらにクリエイティブに楽しく作業でき、時間の節約にもつながります。

  • ArnoldのStandard Surface シェーダーが更新され、レンダリングしたコンテンツの最終結果が、より分かりやすく表示されるようになりました。アーティストがArnoldでレンダリングする場合に、最終結果がどのようになるかがイメージしやすくなります。
  • ビューポート2.0で照明やライティングの反射がリアルタイムで表示されるようになりました。アーティストはライティングの状態を評価しながら、すばやく変更できるようになります。
ビューポート2.0

高速になったMaya

Autodesk Maya 2019 では、数多くの点でパフォーマンスが向上しています。仕事でMaya を使用しているアーティストの皆さまは、日々の作業のなかで、このパフォーマンス向上を実感されることでしょう。スタジオ全体で徐々に生産性を上げていく効果もあります。

  • メタデータを含むシーンのロードがさらに高速化
  • 非表示オブジェクトを含むシーンのロードと操作がさらに高速化
  • マテリアルやテクスチャのロードがさらに高速化
  • ビューポート2.0での選択がさらに高速化
  • 高密度メッシュ上での事前選択項目のハイライトがさらに高速化
  • ビューポート2.0でのスナップがさらに高速化
ビューポート2.0

その他の改良点

Autodesk Maya 2019 では、その他の主要機能についても改良や追加が行われています。

  • フィルターが新しくなり、モーションキャプチャデータの微調整やアニメーション化が容易になりました。
  • リギングが改良され、リグ作成者やキャラクターテクニカルディレクターの作業が容易になりました。
  • 開発環境がいくつか更新され、パイプラインの統合がさらに簡単になりました。
  • リギングおよびアニメーション設定済みのキャラクターのサンプルが提供されるため、新人アニメーターがアニメーション制作を開始しやすくなりました。
キャラクターサンプル▲キャラクターサンプル

ご購入はこちら

新規 / 更新

ユーザータイプ

サブスクリプション期間

価格

該当する商品がありません。

  • シリアル番号がご不明の場合は「不明」と記載してください。
  • 数量はカート内でご入力ください。

保守プランを購入する

保守プランからサブスクリプションの切り替えをする

ダイキンCG オンラインショップ ショップ限定オリジナル特典 お得なキャンペーンも開催
ダイキンプラチナメンバーズサイト(セミナー映像/資料/オリジナルTips)
SUITE USERS NOTES

お気軽にお問い合わせください

カタログ請求・
お問い合わせフォーム

03-6716-0477

電話受付時間:9:00~17:30(土・日・祝日休み)

メールでのお問い合わせ

ご購入後のインストール、操作方法などのお問い合わせ

Autodesk製品サポートリクエストフォーム

Daikin CG Products News 購読申込み

お得なキャンペーンやセミナー情報、最新の製品情報をメールマガジンでご案内します。

ページの先頭へ