CG・コンテンツ制作

Maya|2024 新機能
Maya|2024 新機能

Maya2024|最新バージョン

以前のバージョン一覧を見る

Maya 2024 新機能紹介

Autodesk Maya 2024がリリースされました。

Maya 2024では、パイプライン全体でマテリアルをシームレスに共有することができる非依存型のマテリアルエディタ、LookDevXがサポートされています。また、USD、MaterialX、Arnoldなどのマテリアルグラフを作成するための最新のノードベース環境が新たに導入されました。さらに、リトポロジ化やブーリアンツールセットなどのモデリングツールが更新され、よりアーティスティックなコントロールが可能になりました。アニメーションおよびリギングも更新され、クリエイティブな作業を継続して行うことができます。
これらの更新と新機能は、Maya Creativeでも使用できます。

LookDevXマテリアルエディタ

LookDevXは、標準化されたポータブルなマテリアルワークフローを可能にする非依存型のマテリアルエディタです。パイプライン全体でマテリアルを自由かつ正確に共有できます。また、USDShade、MaterialX、Arnoldなどのさまざまなマテリアルを作成するための最新のノードベース環境が新たに導入されました。

LookDevX マテリアルエディタ

マルチスキンクラスタ

1つのジオメトリに複数のスキンクラスタを設定できるようになったため、リガーに数多くの新しい可能性が提供されます。アーティストは、スカッシュとストレッチのレイヤ、キネマティックモーションのレイヤ、細部詳細のレイヤの作成など、簡単にデフォメーションをレイヤ化できます。これにより、技術的なニーズとアーティスティックなニーズのそれぞれに対して別のスキンウェイト付けも可能になります。

マルチスキンクラスタ

リトポロジの改善

シンメトリのリトポロジをサポートしました。軸と方向のコントロールを使用してシンメトリトポロジを必要とするメッシュをリトポロジ化します。ワールド空間とオブジェクト空間、および方向とピボットのオフセットが考慮されます。これは、キャラクタやクリーチャーに加えて、2つの側面にミラーのトポロジを必要とするハードサーフェスオブジェクトに便利です。
また新しい機能保持オプションを使用すると、入力メッシュ上の特定の詳細領域を維持し、リトポロジ化された出力メッシュのエッジフローの生成のコントロールやガイドを行うことができます。

リトポロジの改善

マルチライブサーフェス

ライブサーフェスが複数のオブジェクトをサポートしました。アウトライナの色付きのハイライト表示など、UIに視覚的なフィードバックが表示され、ライブになっているオブジェクトを簡単に識別できます。ビューポート内で必要な数のオブジェクトを複数のターゲットにして、オブジェクトやコンポーネントのスナップやコンストレインを行うことができます。また、スムーズメッシュと四角ポリゴン描画のワークフローもサポートされました。

タイムスライダの改善

タイムスライダとその関連ツールの表示が再設計され、より直感的、かつ最新のエクスペリエンスを得ることができるようになりました。これには、キー、サウンド波形、ブックマーク表示の改善、インタラクションモードでのキーフレームの移動とスケーリング、タイムレンジの設定などがあります。タイムラインをより直感的にナビゲートして操作し、タイムスライダでアニメーションをより簡単に直接編集することができます。

タイムスライダの改善

グラフエディタの機能強化

新しいブラシベースのカーブ編集ツールを使用すると、キーのグループを直感的に形成できます。グラブツール、スムーズツール、および塗り付けツールを使用して、インタラクティブにカーブのシェイプをスカルプトおよびリファインし、既存のアニメーションを調整またはクリーンアップできるようになりました。これは、モーションキャプチャやベイク処理されたシミュレーションなど、高密度のアニメーションカーブデータを操作する場合に特に便利です。
また、オフセットカーブ、クランプカーブ、キーの除去ツールなど、いくつかの新しいキーおよびカーブ編集機能により、選択したキー、キーの範囲、またはカーブ全体の時間や値をすばやく変更することができます。

Bifrostの機能強化

NanoVTTビューポートボリュームレンダリングが導入されました。ボリュームタイルツリーと呼ばれる非常に効率的で最先端のボリューム表現が搭載されました。
また、MPMソルバーに新しいGelマテリアルが追加されました。このマテリアルは、アイスクリーム、歯磨き粉、ケチャップ、溶けたチョコレート、泡などをモデリングできます。これは、降伏応力や粘度などの物理プロパティを使用してカスタマイズできます。

Bifrostの機能強化-01
Bifrostの機能強化-02

詳細についてはMaya 2024の新機能ページ(Autodesk社サイトへ)新しいウィンドウで開きますをご覧ください。
その他2024で修正された項目並びに既知の問題は、Maya 2024リリースノート(Autodesk社サイトへ)新しいウィンドウで開きますでご覧いただけます。

ご購入はこちら

新規 / 更新

サブスクリプション期間

該当する商品がありません。

  • ご不明の場合は「不明」と記載してください。

保守プランからのスイッチ(更新)

お気軽にお問い合わせください


ご購入後のインストール、操作方法などのお問い合わせ

Daikin CG News お申し込み

CGクリエイター向けのセミナー・イベントやキャンペーン、製品情報をメールマガジンでお届けします。(登録無料)

ページの先頭へ