CG・コンテンツ制作
  1. CG・コンテンツ制作トップ
  2. 製品
  3. Maya
  4. Maya|旧バージョン

3Dグラフィックス統合ソフト Maya|旧バージョン

人の心を動かす構図・レイアウト

観客を魅了する映像とはどのように生み出されるのか?
そのヒントとなる要素をご紹介します。初歩的な内容ですので、映像制作を始めたばかりの方も必見です!
(使用ソフト:Maya2019)

以前のバージョン

最新バージョンの機能紹介

Maya 2020

Maya 2020 では、制作パイプラインを通してアーティストを支援することを念頭に、新しいツールと更新が追加されました。アニメーター、モデラー、リガー、テクニカルアーティストはより迅速かつ直感的に作業できるだけでなく、クリエイティブなプロセスをより楽しく進めることができます。

詳しく見る

Maya 2019

今回のリリースは、新しいワークフローやパフォーマンス強化する数々の機能により、これまでよりも作業時間を短縮することに重点を置いています。

ビューポート 2.0(Viewport 2.0)に対する多数の改善点により、シーンのロードから、オブジェクトの選択、高密度メッシュの処理まで、あらゆる操作のパフォーマンスが向上します。

また、キャッシュされた再生機能を使うと、シーン全体をアップロードしないで変更点のみをインテリジェントに再描画できるため、アニメーションの変更内容を短時間でプレビューすることができます。これにより、ビューポート再生のパフォーマンスが大幅に向上し、シーンのプレイブラストを継続的に作成する必要がなくなります。

詳しく見る

Maya 2018

Maya の過去数回のリリースで導入された新機能および機能強化により、キャラクタ作成ツールがより強力かつ使いやすくなりました。モデリング、アニメーション、グルーミング ワークフローが大幅に改善し、作業の効率化だけでなく、より楽しくキャラクタを作成できるようになっています。

キャラクタだけではありません。Maya のモーション グラフィックスも、ツールセットにリジッドボディ ダイナミクスが含まれるなど、ワークフローが進化を続けています。レンダリングでは、Maya 2018 には組み込みのレンダラーである Arnold 5 の全機能が搭載されています。

詳しく見る

Maya 2017

Maya 2017にはArnoldが搭載されました。Arnoldは最高のレンダラの1つで、レンダリングプロセスを高速化し、より優れた結果をもたらします。

Mayaのアニメーションワークフローは、これまでのいくつかのリリースでも大きな変更がいくつかありましたが、今回は、新しいタイムエディタと改良されたグラフエディタにより、Mayaでのアニメートがより高速になり、使いやすさも向上しています。

Maya 2017には、Maya 2016 Extension 2で初めて導入された新しいモーショングラフィックスツールセットも搭載されており、モーショングラフィックスデザイナーは独自のアニメーションをすばやく簡単に作成することができます。

新しい雰囲気の外観に加え、Maya 2016ではさらに多くのコンピュータリソースを使ってアニメーションのパフォーマンスを向上させることができます。

詳しく見る

Maya 2016

Maya 2016には数多くの新機能やパフォーマンスの改善とともに、アーティストにとって使いやすいツールが搭載され、Maya全体の使い勝手が大きく向上しました。

新しい雰囲気の外観に加え、Maya 2016ではさらに多くのコンピュータリソースを使ってアニメーションのパフォーマンスを向上させることができます。

詳しく見る

Maya 2015

Maya 2015が提供するシミュレーション、エフェクト、アニメーション、モデリング、シェーディング、レンダリングのための強力で新しいツールセットにより、今日の要求の高い制作で求められる、複雑で高品質のアセットをより簡単に作成できるようになります。

Maya 2015のハイエンドなキャラクタおよびエフェクトツールセットに重要な新機能が加わりました。フォトリアルな液体をシミュレートおよびレンダリングするためのBifrostプロシージャルエフェクトプラットフォーム、へア、ファ一、羽毛、草、茂みなどのインスタンス化データを作成するためのXGen Arbitrary Primitive Generatorそして革新的な新しいスキニング手法である多面体ボクセルバインドです。

加えて、PixarのOpenSubdivライブラリのサポート、ポリゴンモデリングツールの機能強化、新しいUVオプションが、パフォーマンスと生産性の向上を後押しし、短時間でより多くの作業を行えるようになります。
さらに、新しいノードベースのビジュアルシェーダエディタを使用すれば、複雑なリアルタイムのシェーダをビューポートで直接作成・表示できます。

詳しく見る

ご購入はこちら

新規 / 更新

サブスクリプション期間

該当する商品がありません。

  • シリアル番号がご不明の場合は「不明」と記載してください。

お気軽にお問い合わせください

カタログ請求・
お問い合わせフォーム

03-6716-0477

電話受付時間:9:00~17:30(土・日・祝日休み)

メールでのお問い合わせ

ご購入後のインストール、操作方法などのお問い合わせ

Autodesk製品サポートリクエストフォーム

Daikin CG Products News 購読申し込み

お得なキャンペーンやセミナー情報、最新の製品情報をメールマガジンでご案内します。

ページの先頭へ