ページの本文へ

製造業向けIT
  1. 製造業向けIT
  2. ソリューション
  3. 評価試験データ管理

評価試験データ管理

特性評価、耐久性評価、信頼性評価など、各種評価の試験データをデータベース化、製品品質のトレーサビリティも確保。

評価試験データ管理の悩み

  • データが膨大、必要なときに必要なものが見つからない
  • 入力や保管、記録チェックといった手作業が負担
  • 評価試験データの不備や欠損が事業リスクに直結

評価試験データ管理の答え

  • 紙やエクセルへの評価記録を撤廃、デジタル中心で業務を運営
  • システム上で記録から結果判定まで実施、評価試験業務を省力化
  • 製造情報+品質情報で製品品質のトレーサビリティを確保

システム利用イメージ

01効率化とデータベース化を同時に実現

評価試験の現場では、紙やエクセルが多く使われています。これはこれで便利ですが、課題があるのも事実です。システム化により、評価業務の効率化とデータベース化を同時に実現します。

効率化とデータベース化を同時に実現

02評価業務の未必の故意を徹底的に排除

正しい手順で正しく検査され、正しく記録されることが大切です。誤った判断や恣意的な検査、記録があってはなりません。システム化により、これらを徹底的に排除します。

評価業務の未必の故意を徹底的に排除

03品質情報にアクセスできる環境を構築

製品品質の妥当性を証明するために、製造情報や品質情報のトレーサビリティが重要です。必要なときに、いつでも素早く簡単に、製品のトレーサビリティ情報を入手します。

品質情報にアクセスできる環境を構築

上記を実現するソフトウェア

帳票・ワークフロー業務改革パッケージ

SpaceFinder

スペースファインダー

業務の記録を丸ごと
データベース化
ワークフローでプロセス遵守

ノーコードアプリケーション開発基盤

Smart Innovator

スマートイノベーター

業務アプリを
ノーコードで開発
企業内情報を有効活用

評価試験データ管理に関するよくあるご質問

Q
試験装置から自動的にデータ取得して評価することはできますか?
A

試験データ収集から報告書作成までを完全自動化できます。転記ミスや改ざん防止を支援します。

Q
評価試験データなどの機密情報に対する閲覧制限はできますか?
A

情報漏洩防止・文書改ざん防止の観点で、閲覧・編集制限を設定できます。最終承認データは編集ロックをかけることもできます。

イベント・セミナー

イベント:製造業発のITソリューション

ゲスト講演や弊社オリジナルコンテンツを通じて
業務改革やDX推進のポイントをご紹介いたします。

お問い合わせ

メールマガジン登録

「ダイキン 製造業向けITソリューションNEWS」
イベント情報やものづくりブログなどお客様に役立つ情報をお届けします。

ページの先頭へ