ページの本文へ

製造業向けIT
  1. 製造業向けIT
  2. ソリューション
  3. 製品仕様データベース

製品仕様データベース

製品仕様をデータベース化。仕様書、カタログ、マニュアル等への反映漏れを防止しながら、製品企画力の向上を実現。

製品仕様管理の悩み

  • 製品仕様書が更新されず最新仕様が行方不明
  • 仕様変更が伝わらずカタログ、マニュアルの修正漏れが発生
  • 仕様と売上の相関を分析できず製品企画に活かせない

製品仕様管理の答え

  • ドキュメントでの仕様管理を廃止し、データベースで仕様管理
  • 仕様変更は関係者に即時共有、関連文書の修正漏れを撲滅
  • 各種経営データとの相関を分析するためのデータ基盤を構築

システム利用イメージ

01製品仕様をデータベースで一元管理

製品ごとに仕様をデータベース化、このデータベースを軸として製品開発を推進します。開発途上で製品仕様をアップデート、作成するドキュメントも紐づけて管理します。

製品仕様をデータベースで一元管理

02変更を即時共有、関連文書の修正漏れを撲滅

製品仕様に影響を受けるドキュメントは数多く存在します。カタログ、マニュアルなど、お客様の目に触れるものは特に重要です。システム化により、関連文書の修正漏れを撲滅します。

変更を即時共有、関連文書の修正漏れを撲滅

03データ分析で製品企画力を強化

より良い製品企画がより良い製品を生み出す源泉となります。製品仕様データと各種経営データと統合し分析することによって、新たな知見を獲得、製品企画力の向上に繋げます。

データ分析で製品企画力を強化

上記を実現するソフトウェア

帳票・ワークフロー業務改革パッケージ

SpaceFinder

スペースファインダー

業務の記録を丸ごと
データベース化
ワークフローでプロセス遵守

ノーコードアプリケーション開発基盤

Smart Innovator

スマートイノベーター

業務アプリを
ノーコードで開発
企業内情報を有効活用

製品仕様データベースに関するよくあるご質問

Q
仕様変更があった場合、カタログ、マニュアルなどの変更対象を簡単に特定できますか?
A

可能です。また、設計変更情報を起点にした製品仕様管理をするために設計BOMと連携して活用されている事例もございます。

イベント・セミナー

イベント:製造業発のITソリューション

ゲスト講演や弊社オリジナルコンテンツを通じて
業務改革やDX推進のポイントをご紹介いたします。

お問い合わせ

メールマガジン登録

「ダイキン 製造業向けITソリューションNEWS」
イベント情報やものづくりブログなどお客様に役立つ情報をお届けします。

ページの先頭へ