ページの本文へ

製造業向けIT
  1. 製造業向けIT
  2. ソリューション
  3. タレントマネジメント

タレントマネジメント

ビジネスの基軸は人。従業員の活躍、成長を組織として支援し、継続的な事業成長に繋げていく仕組みを実現。

タレントマネジメントの悩み

  • 高齢化の加速、熟練社員の退職による技術人材の減少
  • 知識・教育の不足、安全面でも品質面でもヒヤリが多発
  • 業務の高度化、求められるスキルとのギャップが拡大

タレントマネジメントの答え

  • { 人×スキル×年齢構成 } でスキルの分布・将来動向を把握
  • 体系的教育と個別教育により教育水準を上げながら出る杭を育てる
  • 組織の方向性と従業員の志向性のベクトルを合わせ、ともに成長

システム利用イメージ

01スキルマップを分析し戦略的に人材育成

個人のスキル、資格、経験を体系的に整理しデータベース化。時間軸を伴った形で自部門の現在と将来を分析し組織の成長プランに従った形で戦略的に人材を育成します。

スキルマップを分析し戦略的に人材育成

02最適な人員配置で安定的にビジネスを推進

組織が目標を達成し続けるためには、適所適材の考え方が重要です。キャリアとスキルを正確に把握し、適切なプロジェクト・タスクにアサインすることが求められます。タレントマネジメントにより、ビジネス推進に最適な人員配置を実現します。

最適な人員配置で安定的にビジネスを推進

03品質コンプライアンスの強化

試験不正、無資格検査などの品質コンプライアンスに関わる問題は、事業の存続に関わる問題です。適切な資格管理、人員計画、教育訓練が必要です。タレントマネジメントで、品質にまつわる危機を回避します。

品質コンプライアンスの強化

上記を実現するソフトウェア

帳票・ワークフロー業務改革パッケージ

SpaceFinder

スペースファインダー

業務の記録を丸ごと
データベース化
ワークフローでプロセス遵守

ノーコードアプリケーション開発基盤

Smart Innovator

スマートイノベーター

業務アプリを
ノーコードで開発
企業内情報を有効活用

タレントマネジメントに関するよくあるご質問

Q
職務履歴などの社員の個人情報を管理するうえで、閲覧権限は細かく設定できますか?
A

個人、上長、管理職に応じた閲覧権限をきめ細やかに設定することができます。

Q
スキル情報をもとにしたリソース分析はできますか?
A

拠点別、勤続年数別、資格級別、年齢別などで、社内の人材構成を自動的に分析できるので、戦略的人材育成が可能になります。

イベント・セミナー

イベント:製造業発のITソリューション

ゲスト講演や弊社オリジナルコンテンツを通じて
業務改革やDX推進のポイントをご紹介いたします。

お問い合わせ

メールマガジン登録

「ダイキン 製造業向けITソリューションNEWS」
イベント情報やものづくりブログなどお客様に役立つ情報をお届けします。

ページの先頭へ