ページの本文へ

製造業向けIT
  1. 製造業向けIT
  2. ソリューション
  3. 研究テーマ予算管理

研究テーマ予算管理

予算管理による研究テーマ実績のタイムリーな評価、投資判断の迅速化により、確実に事業貢献をもたらす研究開発を実現。

研究テーマ予算管理の悩み

  • Go/Stop判断までに膨大な時間と労力を費やしている
  • 柔軟なリソース振り替え
    それによるテーマ組み換えが難しい
  • 実績管理が負担
    リーダー層が間接業務で忙殺

研究テーマ予算管理の答え

  • 脱エクセル、申請/進捗管理業務をデジタルで運営
  • 研究全体でテーマ進捗を把握し、機動的にリソースを再編
  • 経過と結果を分析し、プロジェクト運営を高度化

システム利用イメージ

01研究テーマ実績を客観的に評価できる環境を確立

研究テーマの進捗状況を客観的に評価することは簡単なことではありません。プロジェクトが進行する中で発生するコストを観察して、状態把握の指標として利用します。

研究テーマ実績を客観的に評価できる環境を確立

02研究者のバックオフィス業務を徹底的に効率化

研究開発の目的は製品を生み出すことや、研究を事業に繋げることです。バックオフィス業務を効率化し、研究者が研究に専念することによって、製品化率、事業化率を上げていきます。

研究者のバックオフィス業務を徹底的に効率化

03分析結果を活用してプロジェクト運営を効率化

客観的に分析することができなければ、振り返ることが難しくなります。分析結果を活用することで、プロジェクト運営を効率化します。また、研究部門の活性化に繋げます。

分析結果を活用してプロジェクト運営を効率化

上記を実現するソフトウェア

帳票・ワークフロー業務改革パッケージ

SpaceFinder

スペースファインダー

業務の記録を丸ごと
データベース化
ワークフローでプロセス遵守

ノーコードアプリケーション開発基盤

Smart Innovator

スマートイノベーター

業務アプリを
ノーコードで開発
企業内情報を有効活用

研究テーマ予算管理に関するよくあるご質問

Q
工数や経費実績を管理している他システムからデータを取得することはできますか?
A

可能です。勤怠管理システムやERPと連携して予算実績を管理されているお客様が多数ございます。

Q
研究予算全体を可視化、分析するためのダッシュボードは用意されていますか?
A

グラフやピボットにより、コスト軸・時間軸・ヒト軸で多角的な集計が可能です。

イベント・セミナー

イベント:製造業発のITソリューション

ゲスト講演や弊社オリジナルコンテンツを通じて
業務改革やDX推進のポイントをご紹介いたします。

お問い合わせ

メールマガジン登録

「ダイキン 製造業向けITソリューションNEWS」
イベント情報やものづくりブログなどお客様に役立つ情報をお届けします。

ページの先頭へ