ページの本文へ

製造業向けIT

ソリューション

研究部門

研究部門における

3つの数字

50%

独創的な製品・技術の必要性がより高まった」と感じる

  • 経済産業省「ものづくり白書」(2020年)

イノベーション創出にはひとづくりが必要です。現在と将来のスキルギャップを把握して戦略的な人材育成を。

73%

「より顧客のニーズに対応した製品が求められている」と感じる

  • 経済産業省「ものづくり白書」(2020年)

多様なニーズに対して適材適所の人材配置。研究テーマの実施是非を多面的に判断して事業に貢献。

70%

「日本企業は革新的イノベーションを起こしにくい」と感じる

  • 経済産業省「日本の産業部門の技術開発を巡る状況」(2019年)

個々のスキルアップと共にノウハウを研究部門横断で共有。知見を結集・活用することで組織能力を底上げ。

これからの研究部門に
求められるデジタル変革

顧客ニーズが多様化し市場動向にタイムリーに適応できる研究開発が益々重要になっています。経営戦略・事業戦略との一貫性ある研究テーマを設定・遂行して早期に事業貢献につなげるためには、研究予算実績や研究成果をもとにした的確な是非判断が求められます。予算・スキルなどの研究リソース情報をデジタル化することで判断指標が明確になり、妥当性のある意思決定が可能になります。また、過去の知見を組織的活用できるデジタル環境が、研究者個々のスキルアップ、ひいては組織能力の向上につながります。

研究部門向け

ソリューション紹介

研究部門向けソリューション領域

01研究テーマの選択・
評価の効率化

研究テーマの選択・評価の効率化

研究開発の目的は製品を生み出すこと、事業発展に繋げることです。各研究テーマの途中状況や消化コストを観察しながら、GO/STOPの判断をタイムリーかつ的確に行うことが重要となります。また、蓄積された先端研究テーマやアイデアレベルの技術を他部門と共有することで、萌芽技術の商品化やインキュベートに役立てることができます。

研究テーマ予算管理
予算管理による研究テーマ実績のタイムリーな評価、投資判断の迅速化により、確実に事業貢献をもたらす研究開発を実現。

02戦略的な人材編成と育成

戦略的な人材編成と育成

継続的なイノベーション創出や事業貢献のためには、研究者のスキル分布を把握することが重要です。分野・経験・年齢などのスキルマップを分析することで、戦略的に人材を育成しながら適材適所のリソース編成が可能になります。

タレントマネジメント
ビジネスの基軸は人。従業員の活躍、成長を組織として支援し、継続的な事業成長に繋げていく仕組みを実現。

03研究情報の集約と組織的活用

研究情報の集約と組織的活用

最終報告書だけではなく、その試行錯誤やサンプルデータが重要なノウハウとなります。個人持ちから脱却し、研究情報・知見を組織横断で活用することがイノベーション創出につながります。また、煩雑なバックオフィス業務を効率化することで、研究者が研究に専念し、独創性のある研究結果を支援することになります。

実験データ管理
実験手順、実験方法、実験結果をデータベースに蓄積。実験データを資産として活用していく仕組みを実現。

04アイデア創出を支える
「知識&人材バンク」

アイデア創出を支える「知識&人材バンク」

アイデア発掘には、研究結果を埋没させずランダムな「検索」で多彩な知識を閲覧できる環境が必要です。見知らぬ研究者同士がオンライン上でつながり、知識に紐づいた人脈を得ることで組織能力が向上します。

上記を実現するソフトウェア

帳票・ワークフロー業務改革パッケージ

SpaceFinder

スペースファインダー

業務の記録を丸ごと
データベース化
ワークフローでプロセス遵守

ノーコードアプリケーション開発基盤

Smart Innovator

スマートイノベーター

業務アプリを
ノーコードで開発
企業内情報を有効活用

研究部門のよくあるご質問

Q
過去の研究結果だけではなく、その過程の情報も参照したい。どのようにすればよいか知りたい。
A

研究開発プロジェクトを電子帳票で管理することにより、計画書・研究データ・議事録・報告書などが時系列で集約されます。研究背景から結果まで全ての情報を検索することができます。

Q
研究報告書をデジタル化したいが、セキュリティについて知りたい。
A

強固できめ細やかな開示制限設定ができます。ビューアでの閲覧や開示申請ワークフローを利用して、漏洩防止を厳格に管理されているお客様が多数ございます。

イベント・セミナー

イベント:製造業発のITソリューション

ゲスト講演や弊社オリジナルコンテンツを通じて
業務改革やDX推進のポイントをご紹介いたします。

お問い合わせ

メールマガジン登録

「ダイキン 製造業向けITソリューションNEWS」
イベント情報やものづくりブログなどお客様に役立つ情報をお届けします。

ページの先頭へ